昨年30周年を迎えたスクリーミングハンド。影響受けてこんなの作ってみました・・・

公開日: アート&カルチャー

Sponsored Link

30年前にジム・フィリップスが産み出した「スクリーミングハンド」の影響力

昨年30周年を迎えた「サンタクルーズ スケートボード」のチョー有名アイコン、

「スクリーミングハンド」。

このスクリーミングハンドを産み出したのがグラフィックデザイナーの「ジム・フィリップス」。

彼から影響を受けたのはスケーターだけに留まらずデザイナー、アーティストと幅広い業界の

人々に多大な影響とインスピレーションを与え続けてきました。

ジム・フィリップスについて詳しくは下記の記事を参照。

 

【スケボーアート】多くのグラフィックアーティストからリスペクトされる「ジム・フィリップス」

 

日本でも昨年の12月にビームスT原宿にてイベントが開催されました。

会場にはジム・フィリップスから影響を受けたアーティストたちによる

スクリーミングハンドが展示され、名だたるメンツの作品が揃いました。

ナスタ・カウパス、ゴンズ、エリック・ドレッセン、ジェイソン・ジェシー。

ジムをリスペクトしながらも独自のスクリームハンドに仕上げた彼らの作品は必見です。

詳しくはSLIDER Vol.25をチェックしてみてください。

 

 

 

私もインスピレーションをもらって作ってみたのがこれ

そんなこともあってスクリーミングハンドを暫く眺めていたら、なんだか五郎丸さんの

あの印を結ぶようなポーズが頭に・・・

まさしく私もジム・フィリップスさんからインスピレーションをもらってこんなのを作ってみました。

goromaru_hand

 

ゴローマルハンド

 

意外にうまくできました(笑)

 








  • SUKE-TO(スケートゥー)と言います。

    ■2013年8月よりスケボー情報を発信するブログとしてスタートしました。

    ■2017年7月よりスケボーの他、ピストバイク、ファッション、映画のことなどあれこれ書くブログへと路線変更しました。

    詳しいプロフィール・お問い合わせ>>

PAGE TOP ↑