僕らは悲しい事に大人になると創造的なことをやめてしまう

公開日: アート&カルチャー

LINEで送る
Pocket

スクリーンショット 2016-01-30 10.11.21

 

大多数の人は大人になると創造的な事をやめてしまう・・・

映画「BEAUTIFUL LOSERS」の冒頭でスケーターであり、アーティストの

エド・テンプルトンはこう語っている。

 

子供の頃は誰だって、絵を描いたり、色を塗ったり、物を作ったりする。

でも悲しいことに大人になると・・・

創造的なことをやめてしまう。

絵や物作りの楽しさを忘れてしまうんだ。

幸い僕は今も続けている。

 

いい加減大人になれよ。とか、いい年して!とか、常識とはこういうものだ!とか、

そんな外野の声を私たちはどれだけ気にして生きているんだろう?

 

この映画に登場するアーティスト達は今や世界でも注目される存在。

NIKEやGAPのCMを手がける「マイク・ミズル」や

スケートボードと自身の描くアートを世界中に発信することに成功した

「マーク・ゴンザレス」。

今でこそ成功を手に入れた彼らだが、もともとは「ルーザーズ(落ちこぼれ)」の

烙印を押された存在だった。

ニューヨークの小さなギャラリー「アレジット」に集まった彼らは

流行とは正反対のスタイルで自分たちのスタンダードを築いて行った。

そして彼らは90年代で最も刺激的なカルチャームーブメントを起こしていった。

 

彼らは特別な存在で運が良かったと言ってしまえばそれまでだが、

大人になった今だからこそ、自分の心の声に従って生きてみるものいいのでは?

常識の外側に得難いものがきっとあるはず。

そう、子供の頃のように絵を描きたければ描けばいい。

色を塗りたければ塗ればいい。物を作りたければ作ればいい。

人間の脳は10%しか使われていないという話しもあるくらいだから、

大人なった私たちのキャンバスにはまだきっとたくさんの余白が残っているはずだ。

 

LINEで送る
Pocket


Sponsored Link

合わせて読みたい記事

REDカメラ×BERRICSコラボ企画”REDirect”第三弾「コリン・ケネディ」

ハリウッド映画でも採用されている高機能カメラ「REDカメラ」とTHE BERRICSのコラボ

記事を読む

【スケボーが少年に力を与えた】短編映画「BELONG」

クラウドファンディング「キックスターター」より資金提供を受け制作に至った 8分間の短編

記事を読む

無感情に成り下がった大人も火付いちゃうよ!パンクロック・ヒーロー「横山健」

  90年代をメインストリームに背を向けて過ごしてきたコアな人達には 「ハイスタン

記事を読む

AbemaTV「ヨコノリ」チャンルでスケートボードを初めサーフィン、スノボーが観れるよ

みなさんAbemaTVをご存知ですか?今月4月11日にアメーバブログのサイバーエージェントとテレビ朝

記事を読む

カメラのライカ、ショートフィルムシリーズ

これはカメラのライカで継続的にサポートされているショートフィルムシリーズです。 このシ

記事を読む

Stussy x Heel Bruise “Under the Radar” ジャパンツワー

STUSSYとHEEL BRUISEによる写真展「UNDER THE RADAR」の初のジャ

記事を読む

【おっしゃれ〜】あなたのお部屋にスケボーのある生活を”インテリア”編

突然ですが、本来スケボーとは滑って楽しむものです。 しかし、これらをインテリアの一つと

記事を読む

REDカメラ×BERRICSコラボ企画”REDirect”第六弾「RB・ウマリ」

ハリウッド映画でも採用されている高機能カメラ「REDカメラ」とTHE BERRICSのコラボ

記事を読む

ライカのショートフィルムシリーズ第二弾【アルト・サーリ】

カメラのライカのショートフィルムシリーズ「アルト・サーリ」 ライカではスケボーカルチャーから繋

記事を読む

フリーフォントを使ってスケボーアイコンとして有名なロゴをパロってみた

フリーフォントで作るスケボー界で有名なアイコン的ロゴ スケボーに関連するブランドのロゴってインパク

記事を読む



〜お知らせコーナー〜

一緒にスケボーしませんか?>>


SUKE-TOってそもそも何?>>


最後まで読んでくださりありがとうございました。スケボーを通してたくさんの人達と繋がれたらと思っています。
よろしければSNSでフォローをお願いします (^^)







PAGE TOP ↑