僕らは悲しい事に大人になると創造的なことをやめてしまう

公開日: アート&カルチャー

LINEで送る
Pocket

スクリーンショット 2016-01-30 10.11.21

 

大多数の人は大人になると創造的な事をやめてしまう・・・

映画「BEAUTIFUL LOSERS」の冒頭でスケーターであり、アーティストの

エド・テンプルトンはこう語っている。

 

子供の頃は誰だって、絵を描いたり、色を塗ったり、物を作ったりする。

でも悲しいことに大人になると・・・

創造的なことをやめてしまう。

絵や物作りの楽しさを忘れてしまうんだ。

幸い僕は今も続けている。

 

いい加減大人になれよ。とか、いい年して!とか、常識とはこういうものだ!とか、

そんな外野の声を私たちはどれだけ気にして生きているんだろう?

 

この映画に登場するアーティスト達は今や世界でも注目される存在。

NIKEやGAPのCMを手がける「マイク・ミズル」や

スケートボードと自身の描くアートを世界中に発信することに成功した

「マーク・ゴンザレス」。

今でこそ成功を手に入れた彼らだが、もともとは「ルーザーズ(落ちこぼれ)」の

烙印を押された存在だった。

ニューヨークの小さなギャラリー「アレジット」に集まった彼らは

流行とは正反対のスタイルで自分たちのスタンダードを築いて行った。

そして彼らは90年代で最も刺激的なカルチャームーブメントを起こしていった。

 

彼らは特別な存在で運が良かったと言ってしまえばそれまでだが、

大人になった今だからこそ、自分の心の声に従って生きてみるものいいのでは?

常識の外側に得難いものがきっとあるはず。

そう、子供の頃のように絵を描きたければ描けばいい。

色を塗りたければ塗ればいい。物を作りたければ作ればいい。

人間の脳は10%しか使われていないという話しもあるくらいだから、

大人なった私たちのキャンバスにはまだきっとたくさんの余白が残っているはずだ。

 

LINEで送る
Pocket


Sponsored Link

合わせて読みたい記事

スケボー業界に風穴を空けるか?「Welcome Skateboards(ウェルカム・スケートボード)」

今もっとも熱いスケートカンパニーと言ったらなんでしょう? ナイキ?エレメント?DC?

記事を読む

Skateistan(スケーティスタン)南アフリカで最新プロジェクトを始動

Skateistan(スケーティスタン)は南アフリカでアフリカ大陸初のプロジェクトの正式な立

記事を読む

「スケーティスタン」のドキュメンタリー映画がUNHCR難民映画祭で上映されます

©UNHCR[/caption] SUKE-TOでも度々、取り上げている「Skateista

記事を読む

おバカなスケボー映画「クール・ボーダーズ」を観てみませんか?

外でスケボーするのもいいけど、たまには体を休めて映画でもどうですか? でも、どうせ観るならスケ

記事を読む

ライカのショートフィルムシリーズ第二弾【アルト・サーリ】

カメラのライカのショートフィルムシリーズ「アルト・サーリ」 ライカではスケボーカルチャーから繋

記事を読む

ライカのショートフィルムシリーズ第三弾【グレッグ・ハント】

カメラのライカのショートフィルムシリーズ「グレッグ・ハント」 ライカではスケボーカルチャーから

記事を読む

Skateistan(スケーティスタン)スケボーが途上国の子供達に新たな機会と変化の可能性をもたらす

Skateistan(スケーティスタン)の創設者「オリバー・ペルコビッチ」TEDの舞台に立つ

記事を読む

zineを始めたい!そんな人はゴンズのアートブック「NON STOP POETRY」を見よ!

そもそもzineってなんなの?zineとは100部前後(明確な定義はない)の少部数の冊子、リトルプレ

記事を読む

【野坂俊和】”Red Bull Curates Proteges”日本人唯一のアーティストとして参加

「Red Bull Curates Proteges」とは世界各国の新進気鋭のアーティスト達

記事を読む

風営法の影響を受ける日本のクラブの減少

スケボーカルチャーと切っても切れないのがクラブではないでしょうか。 そんなクラブが風営

記事を読む



〜お知らせコーナー〜

一緒にスケボーしませんか?>>


SUKE-TOってそもそも何?>>


最後まで読んでくださりありがとうございました。スケボーを通してたくさんの人達と繋がれたらと思っています。
よろしければSNSでフォローをお願いします (^^)







PAGE TOP ↑