スケボー業界に風穴を空けるか?「Welcome Skateboards(ウェルカム・スケートボード)」

公開日: アート&カルチャー

LINEで送る
Pocket

スクリーンショット 2014-07-16 12.20.03

今もっとも熱いスケートカンパニーと言ったらなんでしょう? ナイキ?エレメント?DC?

いやいや違います。「Welcome Skateboards」です!

Welcome Skateboards(文中ではウェルカムと訳させてもらいます)は、スケボーが本来持っていた自由な発想で

ルールを気にしないことに主軸を置いています。

なのでデッキも現在主流になっているようなデッキは使いません。

まるで80年代に使われていたような変形型デッキを採用しています。それも形は22種類にもおよびます。

なかにはクリスチャン・ホソイのハンマーヘッドを模したような形のデッキも存在します。

スクリーンショット 2014-07-16 12.04.59

そしてチームメンバーはお世辞にもイケメンと言えるスケーターはいません!

どちらかというと、オタク系のきわもの揃いです(笑)

スクリーンショット 2014-07-16 12.11.20

ビデオもめちゃくちゃ制作費をかけたかっこいいビデオではありません。

逆にちょっとなめくさったようなビデオなのです〜

このようにウェルカムは商業化した現在のスケボー業界のスタイルを真っ向から否定しています。

アンチテーゼを投げかけています。もっと自由にもっとルールを気にせずスケボーを楽しもうぜ!

と言うメッセージが聞こえてくるかのようです。

スポーツ業界の巨人達が続々と参入してきている現在のスケートシーンに風穴を空けるとしたら

このウェルカムの他にないでしょう!(言い過ぎ?)

でもそのぐらい尖ったスケートカンパニーです。

日本ではまだデッキなどは購入できませんが、おそらく、そう遠くないうちに、

日本でも話題になること間違いないでしょう!

 


ウェルカムのオフィシャルサイト


 

LINEで送る
Pocket


Sponsored Link

合わせて読みたい記事

スケボーのスタイルは時代によって変わってきた「オールドスクールとニュースクール」を考えてみる

時代と共に変化してきたスケボーのスタイルこんにちわ。スケートゥーです。今回の内容は「オールドスクール

記事を読む

漫画「SK8R’S(スケーターズ)」さっそく読んでみました

先週末の気になるニュースリストで紹介した漫画「SK8R’S」を早速読んでみました。 結

記事を読む

ヨーロッパツワー中のトミー・ゲレロ【スペインでのライブ映像をキャッチ】

ヨーロッパ各国13カ所を回っているトミー・ゲレロのスペイン、Velvet clubでのライブ

記事を読む

僕らは悲しい事に大人になると創造的なことをやめてしまう

 大多数の人は大人になると創造的な事をやめてしまう・・・映画「BEAUTIFUL LOSE

記事を読む

トミー・ゲレロ ヨーロッパツアー2014

レジェンドスケーターでありミュージシャンのトミー・ゲレロは自身にとっての初のヨーロッパツワー

記事を読む

風営法の影響を受ける日本のクラブの減少

スケボーカルチャーと切っても切れないのがクラブではないでしょうか。 そんなクラブが風営

記事を読む

【野坂俊和】”Red Bull Curates Proteges”日本人唯一のアーティストとして参加

「Red Bull Curates Proteges」とは世界各国の新進気鋭のアーティスト達

記事を読む

ニューヨーク育ちの【コラージュアーティスト】ジェイ・リジオ

ジェイ・リジオはカット&ペーストで夢のような情景を生み出します 彼は生まれも育ちもニューヨーク

記事を読む

反射するスケートフォト画像処理ソフトは一切使っていません!

バルセロナを拠点に活動するフォトグラファー「ジュリアン・Deniau」は水面やミラーに反射す

記事を読む

REDカメラ×BERRICSコラボ企画”REDirect”第八弾「ビーグル(ライアン・ユーイング)」

ハリウッド映画でも採用されている高機能カメラ「REDカメラ」とTHE BERRICSのコラボ

記事を読む



〜お知らせコーナー〜

一緒にスケボーしませんか?>>


SUKE-TOってそもそも何?>>


最後まで読んでくださりありがとうございました。スケボーを通してたくさんの人達と繋がれたらと思っています。
よろしければSNSでフォローをお願いします (^^)







PAGE TOP ↑