ライカのショートフィルムシリーズ第四弾”最終回”【アティバ・ジェファーソン】

公開日: アート&カルチャー

カメラのライカのショートフィルムシリーズ「アティバ・ジェファーソン」

ライカではスケボーカルチャーから繋がる、芸術家、写真家、ミュージシャンをフューチャーした

ショートフィルムシリーズが進行中です。

レイ・バービーアルト・サーリグレッグ・ハントに続き、最終回エピソード4は、

世界的なスケートフォトグラファー「アティバ・ジェファーソン」だ。

アティバは数々のスケボー雑誌の表紙を手掛けるフォトグラファーです。

その活動はスケボー業界だけに留まらず、有名アスリートやミュージシャンの撮影に至るまで多岐に渡っています。

そんなアティバは一卵性双生児としてコロラドスプリングズで生まれます。1995年にサンディエゴに移住。

1999年にはロサンゼルスに活動の拠点を移しています。

スケボーが彼にとって創造的視点から何故、大切なのかと言うと、彼の写真は角度や照明を選ぶので、

商用撮影に比べてスケボーを撮影することは創造的に異なっていると言う。

また非常に多くの異なる要素の照明、場所、そしてそこから追い出される可能性さえ扱っている。

つまり撮影のライブ感ということだと理解します。

写真はアティバにとって永遠に消えてしまう瞬間を捉える何よりも掛け替えのないものなのです。

 


ソース:THE LEICA CAMERA BLOG


 

 


Sponsored Link

合わせて読みたい記事

「クルキッド×ウェス・ハンプストン」最強のグラフィック【ゴンズモデル登場】

あまりに有名なあのドッグタウンのアートワークを手掛けた「ウェス・ハンプストン」がクルキッドとのコラボ

記事を読む

【スケボーアート】多くのグラフィックアーティストからリスペクトされる「ジム・フィリップス」

今回はアート関連の内容でお届けします。 そこで今回フューチャーしたのが、サンタクルーズの「スク

記事を読む

スケボーアートとカルチャー歴史と進化

sk8face.com[/caption] スケボー アートとカルチャーの歴史と進化について

記事を読む

ドッグタウンの「ジム・ミューア」のサイン入りデッキ75本限定販売

ドッグタウンを代表するスケーター「ジム・ミューア」「ジョン・カーディエイ」「スコット・オスター」の3

記事を読む

【おっしゃれ〜】あなたのお部屋にスケボーのある生活を”インテリア”編

突然ですが、本来スケボーとは滑って楽しむものです。 しかし、これらをインテリアの一つと

記事を読む

【え?!こりゃオシャレ】スケボーデッキが生まれ変わる

スケボーのデッキのリサイクルや新しいアイテムを生み出すということは、 今まで盛んに行われて来た

記事を読む

Supreme(シュプリーム)初のフルレングススケートビデオ「cherry」リリース

Supreme初のフルレングススケートビデオ「cherry」がリリースされます。 意外

記事を読む

使い終わったデッキが美しい彫刻に変わる

スケーターであり彫刻家のHaroshi(日本人)は、 使い終った廃棄同然のスケボーデッキから、

記事を読む







  • SUKE-TO(スケートゥー)と言います。

    ■2013年8月よりスケボー情報を発信するブログとしてスタートしました。

    ■2017年7月よりスケボーの他、ピストバイク、ファッション、映画のことなどあれこれ書くブログへと路線変更しました。

    詳しいプロフィール・お問い合わせ>>

PAGE TOP ↑