Berricsパークの壁に描かれたグラフィティアートの作者は誰?

公開日: アート&カルチャー

THE BERRICSでお馴染みのインドアパークの壁面には大きなグラフィティアートがある。

その壁面には無数の白いデッキが貼付けられ、それをキャンバスに大きなグラフィティが

描かれているのである。その作者の名を「PUSH」と言います。

PUSHはLAを拠点に、アメリカ国内のみならず世界的に強い影響力を持つグラフィティ・クルー

The Seventh Letter(AWR/MSK)の一員で、若手アーティストとして注目を集めています。

彼は今回、Berricsの壁のグラフィティを手掛けた他、エレメントとのコラボ企画で、

ELEMENT PUSH COLLECTIONもリリースしております。

彼の独特のグラフィティをデッキやウィール、アパレルアイテムとしてパンツ、キャップ、タンクトップ、

そしてiPhoneケースなどに取り入れた複数のアイテムをリリースしております。

彼の制作風景と共に作品が出来上がっていく制作行程を是非お楽しみください。

 


Sponsored Link

合わせて読みたい記事

【おっしゃれ〜】あなたのお部屋にスケボーのある生活を”インテリア”編

突然ですが、本来スケボーとは滑って楽しむものです。 しかし、これらをインテリアの一つと

記事を読む

スケボーは犯罪ではありません!短編映画「B級文化遺産」が管理社会の是非を問う?!

フロリダのフィルムフェスティバルでオーディエンスアワードを受賞した短編映画「B級文化遺産」を

記事を読む

カメラのライカ、ショートフィルムシリーズ

これはカメラのライカで継続的にサポートされているショートフィルムシリーズです。 このシ

記事を読む

【スケボーアート】多くのグラフィックアーティストからリスペクトされる「ジム・フィリップス」

今回はアート関連の内容でお届けします。 そこで今回フューチャーしたのが、サンタクルーズの「スク

記事を読む

廃棄同然のスケボーから美しい彫刻を生み出す「Haroshi」がBerrics7のトロフィーを制作

「Haroshi」の詳細は「使い終わったデッキが美しい彫刻に変わる」をご覧ください。

記事を読む

アメリカントイ「Hot Wheels(ホットウィール)」がイカすワケ

最近Hot wheels(ホットウィール)というミニカーを集めている。 ミニカーといえば日本の

記事を読む

ステューシー代官山に帰還!この場所にあると30代にはしっくりくるね!

  サーフ、スケート、ミュージック、グラフィティーカルチャーをインタラクティブに

記事を読む

【スケボーが少年に力を与えた】短編映画「BELONG」

クラウドファンディング「キックスターター」より資金提供を受け制作に至った 8分間の短編

記事を読む







  • SUKE-TO(スケートゥー)と言います。

    ■2013年8月よりスケボー情報を発信するブログとしてスタートしました。

    ■2017年7月よりスケボーの他、ピストバイク、ファッション、映画のことなどあれこれ書くブログへと路線変更しました。

    詳しいプロフィール・お問い合わせ>>

PAGE TOP ↑