グラフィティアーティスト【Banksy(バンクシー)】最新作

公開日: アート&カルチャー

LINEで送る
Pocket

バンクシーの最新作2作品を発見!

今回紹介するのは、グラフィティアート、ストリートアートの情報です。

イギリスを活動拠点とするグラフィティー、ストリートアートを社会風刺を交えてゲリラ的に描く、

未だ正体不明の覆面アーティスト「Banksy(バンクシー)」の最新作が続けて2つ発見された。

一つ目は、通称「Mobile Lovers(モバイル・ラバーズ)」。

親密そうに抱き合うカップルの顔には、ロマンティックな明かりが…。

でも実はよく見ると、お互いスマートフォンのチェックに夢中という、

バンクシーらしい“スマホ依存症”を皮肉った作品だ。

引用元:ISUTA

4月13日にバンクシーの公式サイトに掲載されたのですが、所在地が明らかにされていないようです。

カップルで食事をしていても目の前の相手との会話より、お互いスマフォに夢中のカップルよく見ますね。

そしてもうひとつ。

 

banksy-spies-story-top

出典:cnn.co.jp

また、STREET ART NEWSなどによると、その数時間前にはCheltenhamという街で

「Spy Booth(スパイ・ブース)」なる作品を制作したそう。

こちらは電話ボックスを3人のスパイが取り囲み、盗聴を試みているというもの。

世界的に衝撃をもたらしたアメリカ政府による盗聴疑惑などを痛烈に皮肉った作品で、

どちらも情報化社会を描いた作品となっている。

引用元:ISUTA

この電話ボックスで電話掛けたくないですね(笑)それだけ強烈な作品です。

 

今回2作品を立て続けに描いたバンクシー、未だ健在ということを密かにアピールしているのでしょうか?

彼の作品はいつも皮肉たっぷりで見ていてともて痛快です。

元々グラフィティという反社会的な行為であったものが、今ではアート作品として高い評価を受け、

ブルジョアたちの間で高値で取引されている。バンクシーはそのことも皮肉っています。

こちらの映画もオススメです。裏の裏のメッセージがあるんじゃないかと色々考えてしまう作品です。

 

 

 

LINEで送る
Pocket


Sponsored Link

合わせて読みたい記事

僕らは悲しい事に大人になると創造的なことをやめてしまう

 大多数の人は大人になると創造的な事をやめてしまう・・・映画「BEAUTIFUL LOSE

記事を読む

使い終わったデッキが美しい彫刻に変わる

スケーターであり彫刻家のHaroshi(日本人)は、 使い終った廃棄同然のスケボーデッキから、

記事を読む

”世界をまたにかけた”話題のスケートボードムービー「WE ARE BLOOD」観たよ

「WE ARE BLOOD」の人気のわけを考察してみた今やAmazonや楽天でもDVD&ブルーレイが

記事を読む

【え?!こりゃオシャレ】スケボーデッキが生まれ変わる

スケボーのデッキのリサイクルや新しいアイテムを生み出すということは、 今まで盛んに行われて来た

記事を読む

【スケボービデオの新しい表現方法?!】GoProを使った360°パノラマミュージックビデオが参考になる

以前に紹介した記事 「スケボービデオにも応用できるんじゃね?6台のGoProを使った3

記事を読む

漫画「SK8R’S(スケーターズ)」さっそく読んでみました

先週末の気になるニュースリストで紹介した漫画「SK8R’S」を早速読んでみました。 結

記事を読む

スケボーと音楽

今回はスケボーから少しベクトルをずらして音楽について語ってみます。 語ってみると言ったって、そ

記事を読む

カメラのライカ、ショートフィルムシリーズ

これはカメラのライカで継続的にサポートされているショートフィルムシリーズです。 このシ

記事を読む

Skateistan(スケーティスタン)スケボーが途上国の子供達に新たな機会と変化の可能性をもたらす

Skateistan(スケーティスタン)の創設者「オリバー・ペルコビッチ」TEDの舞台に立つ

記事を読む

zineを始めたい!そんな人はゴンズのアートブック「NON STOP POETRY」を見よ!

そもそもzineってなんなの?zineとは100部前後(明確な定義はない)の少部数の冊子、リトルプレ

記事を読む



〜お知らせコーナー〜

一緒にスケボーしませんか?>>


SUKE-TOってそもそも何?>>


最後まで読んでくださりありがとうございました。スケボーを通してたくさんの人達と繋がれたらと思っています。
よろしければSNSでフォローをお願いします (^^)







PAGE TOP ↑