グラフィティアーティスト【Banksy(バンクシー)】最新作

公開日: アート&カルチャー

バンクシーの最新作2作品を発見!

今回紹介するのは、グラフィティアート、ストリートアートの情報です。

イギリスを活動拠点とするグラフィティー、ストリートアートを社会風刺を交えてゲリラ的に描く、

未だ正体不明の覆面アーティスト「Banksy(バンクシー)」の最新作が続けて2つ発見された。

一つ目は、通称「Mobile Lovers(モバイル・ラバーズ)」。

親密そうに抱き合うカップルの顔には、ロマンティックな明かりが…。

でも実はよく見ると、お互いスマートフォンのチェックに夢中という、

バンクシーらしい“スマホ依存症”を皮肉った作品だ。

引用元:ISUTA

4月13日にバンクシーの公式サイトに掲載されたのですが、所在地が明らかにされていないようです。

カップルで食事をしていても目の前の相手との会話より、お互いスマフォに夢中のカップルよく見ますね。

そしてもうひとつ。

 

banksy-spies-story-top

出典:cnn.co.jp

また、STREET ART NEWSなどによると、その数時間前にはCheltenhamという街で

「Spy Booth(スパイ・ブース)」なる作品を制作したそう。

こちらは電話ボックスを3人のスパイが取り囲み、盗聴を試みているというもの。

世界的に衝撃をもたらしたアメリカ政府による盗聴疑惑などを痛烈に皮肉った作品で、

どちらも情報化社会を描いた作品となっている。

引用元:ISUTA

この電話ボックスで電話掛けたくないですね(笑)それだけ強烈な作品です。

 

今回2作品を立て続けに描いたバンクシー、未だ健在ということを密かにアピールしているのでしょうか?

彼の作品はいつも皮肉たっぷりで見ていてともて痛快です。

元々グラフィティという反社会的な行為であったものが、今ではアート作品として高い評価を受け、

ブルジョアたちの間で高値で取引されている。バンクシーはそのことも皮肉っています。

こちらの映画もオススメです。裏の裏のメッセージがあるんじゃないかと色々考えてしまう作品です。

 

 

 


Sponsored Link

合わせて読みたい記事

【ちょ〜リアル】スケボー スマフォゲームアプリ「True Skate」

あなたはスケートパークでクールなトリックを次々とメイクしたいと思ったことがありますか?

記事を読む

僕らは悲しい事に大人になると創造的なことをやめてしまう

 大多数の人は大人になると創造的な事をやめてしまう・・・映画「BEAUTIFUL LOSE

記事を読む

【おっしゃれ〜】あなたのお部屋にスケボーのある生活を”インテリア”編

突然ですが、本来スケボーとは滑って楽しむものです。 しかし、これらをインテリアの一つと

記事を読む

AbemaTV「ヨコノリ」チャンルでスケートボードを初めサーフィン、スノボーが観れるよ

みなさんAbemaTVをご存知ですか?今月4月11日にアメーバブログのサイバーエージェントとテレビ朝

記事を読む

Berricsパークの壁に描かれたグラフィティアートの作者は誰?

THE BERRICSでお馴染みのインドアパークの壁面には大きなグラフィティアートがある。

記事を読む

トミー・ゲレロとレイ・バービーが5月に日本に来るよ!

5月23日、24日「GREENROOM FESTIVAL 15」に登場 http://gree

記事を読む

スケボーと音楽

今回はスケボーから少しベクトルをずらして音楽について語ってみます。 語ってみると言ったって、そ

記事を読む

Stussy x Heel Bruise “Under the Radar” ジャパンツワー

STUSSYとHEEL BRUISEによる写真展「UNDER THE RADAR」の初のジャ

記事を読む







  • SUKE-TO(スケートゥー)と言います。

    ■2013年8月よりスケボー情報を発信するブログとしてスタートしました。

    ■2017年7月よりスケボーの他、ピストバイク、ファッション、映画のことなどあれこれ書くブログへと路線変更しました。

    詳しいプロフィール・お問い合わせ>>

PAGE TOP ↑