トミー・ゲレロ ヨーロッパツアー2014

公開日: アート&カルチャー

スクリーンショット 2014-03-21 10.54.44

レジェンドスケーターでありミュージシャンのトミー・ゲレロは自身にとっての初のヨーロッパツワーに出発します。

トミー・ゲレロはカルフォルニアのスケートボードの歴史の中でスケートボードチームのベースを作った

「Bones Brigade(ボーンズ・ブリゲイド)」の重鎮。

プロスケーター引退後は、70年代ファンクやソウルに傾倒し、創造性溢れるメロディーマスターへと転身。

音楽の方でも才能を開花させソロレコードを何枚もリリースするまでになった。

そして今回、Levi’s® Skateboarding やHuckなどが提供元となり、彼の初となるヨーロッパツワーの発表となった。

出典:huck

 

Sponsored Link

スケーター、ミュージシャンとしてのトミー・ゲレロの魅力

・いつでも自然体。無理はしない。

・自分で自分の道を切り開いて来た。

・経済的にも成功している。

・ライフスタイルがかっこいい。

・スケボーも音楽も諦めずに何度もトライし自分の才能、能力を磨いてきた。

・成功を納めた今でもまだ向上心がある。

 

下の動画はそんなトミー・ゲレロの魅力を知ることができる動画だと思います。

本編の中に出て来た言葉でミョーに頭に残った言葉あったので紹介します。

 

「生活は楽しくてもスケーターの多くは普通の社会に適応できない。」

「9時から5時の仕事が苦しいと感じる人が多いんだ。」

「オレもムリでこの生き方を選んだ。」

「自分で道を切り開いた、音楽も同じさ。」

「何もかも自分で作り上げたDIYさ。」

「好きなことを長年続ければうまくなるものだ。」

 

 








  • SUKE-TO(スケートゥー)と言います。

    ■2013年8月よりスケボー情報を発信するブログとしてスタートしました。

    ■2017年7月よりスケボーの他、ピストバイク、ファッション、映画のことなどあれこれ書くブログへと路線変更しました。

    詳しいプロフィール・お問い合わせ>>

PAGE TOP ↑