トミー・ゲレロ ヨーロッパツアー2014

公開日: アート&カルチャー

スクリーンショット 2014-03-21 10.54.44

レジェンドスケーターでありミュージシャンのトミー・ゲレロは自身にとっての初のヨーロッパツワーに出発します。

トミー・ゲレロはカルフォルニアのスケートボードの歴史の中でスケートボードチームのベースを作った

「Bones Brigade(ボーンズ・ブリゲイド)」の重鎮。

プロスケーター引退後は、70年代ファンクやソウルに傾倒し、創造性溢れるメロディーマスターへと転身。

音楽の方でも才能を開花させソロレコードを何枚もリリースするまでになった。

そして今回、Levi’s® Skateboarding やHuckなどが提供元となり、彼の初となるヨーロッパツワーの発表となった。

出典:huck

 

Sponsored Link

スケーター、ミュージシャンとしてのトミー・ゲレロの魅力

・いつでも自然体。無理はしない。

・自分で自分の道を切り開いて来た。

・経済的にも成功している。

・ライフスタイルがかっこいい。

・スケボーも音楽も諦めずに何度もトライし自分の才能、能力を磨いてきた。

・成功を納めた今でもまだ向上心がある。

 

下の動画はそんなトミー・ゲレロの魅力を知ることができる動画だと思います。

本編の中に出て来た言葉でミョーに頭に残った言葉あったので紹介します。

 

「生活は楽しくてもスケーターの多くは普通の社会に適応できない。」

「9時から5時の仕事が苦しいと感じる人が多いんだ。」

「オレもムリでこの生き方を選んだ。」

「自分で道を切り開いた、音楽も同じさ。」

「何もかも自分で作り上げたDIYさ。」

「好きなことを長年続ければうまくなるものだ。」

 

 


Sponsored Link

合わせて読みたい記事

「スケーティスタン」のドキュメンタリー映画がUNHCR難民映画祭で上映されます

©UNHCR[/caption] SUKE-TOでも度々、取り上げている「Skateista

記事を読む

スケボーの上から地球を見ると創造的な視点が産まれる「ストリートアートの匠達」

「ARCHIVES―Ten Years of Hidden Champion」というアートブック

記事を読む

スケボーのスタイルは時代によって変わってきた「オールドスクールとニュースクール」を考えてみる

時代と共に変化してきたスケボーのスタイル こんにちわ。スケートゥーです。 今回の内容は「オールド

記事を読む

無感情に成り下がった大人も火付いちゃうよ!パンクロック・ヒーロー「横山健」

  90年代をメインストリームに背を向けて過ごしてきたコアな人達には 「ハイスタン

記事を読む

グラフィティアーティスト【Banksy(バンクシー)】最新作

バンクシーの最新作2作品を発見! 今回紹介するのは、グラフィティアート、ストリートアートの情報です

記事を読む

スケボーと音楽

今回はスケボーから少しベクトルをずらして音楽について語ってみます。 語ってみると言ったって、そ

記事を読む

REDカメラ×BERRICSコラボ企画”REDirect”第四弾「ケビン・バーネット」

ハリウッド映画でも採用されている高機能カメラ「REDカメラ」とTHE BERRICSのコラボ

記事を読む

スケボーとカフェという独特なコンセプトで展開する「Skateboard Cafe」より2014春/夏コレクションが発表

スケボーとカフェというリラックスしたコンセプトとクラシックなブランドイメージで展開する

記事を読む







  • SUKE-TO(スケートゥー)と言います。

    ■2013年8月よりスケボー情報を発信するブログとしてスタートしました。

    ■2017年7月よりスケボーの他、ピストバイク、ファッション、映画のことなどあれこれ書くブログへと路線変更しました。

    詳しいプロフィール・お問い合わせ>>

PAGE TOP ↑