スケーターが神と崇める世界で最も影響力のある8人とは!?

公開日: スケボー情報

LINEで送る
Pocket

世界中のスケーター達の頂点に君臨する神のような存在

世界で最も影響力のあるスケーターとして、スケーターなら誰しも知っているし

必ず影響を受けている8人のスケーターをまとめてみました。

彼らの才能と個性はより多くのスケーターに夢と勇気と希望を与えてきました。

現に彼らのスケボーの写真やビデオそしてインタビューを見聞きし私たちは育ちました。

彼らに憧れ、彼らのように滑りたいと目標にさえしてきたスケーターも多いと思います。

そんな彼らはスケボーのアイコン的存在と言っても過言ではありません。

 

伝説の8人のプロスケーター達

Sponsored Link

ステイシー・ペラルタ

ステイシー・ペラルタはスケボーの歴史そのものといってもいいのではないでしょうか?

70年代には伝説のスケボーチーム「Z-boys」のメンバーとして活躍し、現在のスケボーの土台を

築き上げたスケーターの一人です。

80年代に入ると今度は自らのスケボーカンパニー「パウエル・ペラルタ」を設立。

そして伝説のスケボーチーム「ボーンズ・ブリゲード」を組織。

初期のボーンズ・ブリゲードでは、トニー・ホークやスティーブ・キャバレロ、ロドニー・ミューレン、

トミー・ゲレロ、ランス・マウンテン、マイク・マクギルらの才能を見出し、そして育てた上げた人物です。

更にその後のステイシー・ペラルタのスケーターの才能を見抜く力は冴え渡り、

レイ・バービーやマイク・バレリー、ガイ・マリアーノなどのスタースケーターをボーンズ・ブリゲード

から輩出するなどプロデューサーとしての手腕を発揮しスケボー界をリードしてきました。

そしてもう一方では、スケボーチームとしてひな形を築いたと言う点でもスケボー界に大きく貢献しています。

その雛形とはスケーターのライディングをビデオで見れるようにした事。

広告戦略やブランディングといった面で今では当たり前になったこれらのことを最初に始めた

パイオニアでもあります。

そして現在では映画監督としても活躍しています。

代表作に「DOGTOWN & Z-BOYS」、「ボーンズ・ブリゲード」があります。

 

トニー・ホーク

説明するまでもないですが、スケボー界のビル・ゲイツ、バードマン、スケボー界史上最も成功した

男トニー・ホークです。

様々な異名を持ち、そして数々の伝説を残し、そして富と名声を手にしたことによりスケーターは

スケボーで成功できることを証明した人物です。

彼のスタートは幼少期にステイシー・ペラルタに見い出されボーンズ・ブリゲイドに所属したことに

始まります。

幼い頃より才能を開花させ数々のコンテストでは優勝。そしてバートトリックの多くを発明したました。

その才能に嫉妬した周りのスケーターからは攻撃の的となったものの、自らの意思でそれら外野の

ノイズをはね除け成長してきました。

そんな幼少期を経て今でもスケボー史に燦然と輝く伝説が誕生します。

そうあの1999年の7月27日の出来事。X-Gamesの大舞台で見事メイクした900°です。

当時、アメリカではこの出来事をメジャーリーグの話題よりも大きく取り上げたほどでした。

そして彼のもう一つの功績としてスケボーをゲームにしたことも大きかったと思います。

ゲームの中では本物のプロスケーターが登場し、スケボーをしないキッズにもプロスケーターと

スケボーの存在を多くのキッズ達に拡散し認知させたのです。

ゲームは爆発的にヒットしトニー・ホークにはもちろんゲームの中に登場したプロスケーター達にも

多額の報酬が支払われたようです。

トニー・ホークはこういったビジネス面のインパクトも強いのですが、

スケーターとしての実力は引退した今でも衰えを知らずでガンガンバートを攻めたり、

スポンサーのCMでは正面から向かってくる車の上を飛び越えたりとヤバすぎるチャレンジを続けています。

 

【スケーター名鑑】トニー・ホーク「スケボー界史上最も成功したスケーター」

46歳トニー・ホーク先生の華麗なるビデオパート2014

【危ない!】トニー・ホーク「ミニクーパー」の上を飛び越える!

【飛びます!】トニー・ホークとゲラン・シシェルのミニのCM

 

ロドニー・ミューレン

photo by poptech

photo by poptech

現在のストリート トリックの多くを発明したスケボーキング「ロドニー・ミューレン」。

フラットで初めてオーリーしてみせたことで、多くのスケーターに衝撃を与えました。

またキックフリップを発明したこにより、立体的なトリックへの可能性を広げました。

こうした様々なトリックの発明により、今我々スケーターがこうしてスケボーを楽しめるのは

ロドニー・ミューレンのお陰と言っても過言ではないかもしれません。

しかし、彼の凄いところはそれだけではありません。

スケボーを始めた初期に習得するオーリーなどの傍ら、現在でも彼の発明したトリックの中で

複雑かつ難易度の高さからメイクが難しいトリックも多いのです。

例を上げるなら「ダークサイドスライド」。

このトリックはデッキをひっくり返してデッキテープ面でカーブやレールにスライドさせ着地の時には

通常の面に戻して着地するという目を疑うトリックです。

そんなロドニー・ミューレンを形成したのはトニー・ホーク同様、幼少期にあったのです。

ロドニーはトニーと同じくボーンズ・ブリゲードのメンバーで、フリースタイルで才能を

爆発させてきたスケーターです。

そんな天才少年ロドニーには父親との確執がありました。

ファシストでロドニーを強要しようとする父親を恐れながらスケボーに愛を注ぐ、いびつな幼少期を送ります。

何度もスケボーを辞めさせられたが、それでもスケボーへの愛は納まらず結局戻る場所はスケボーでした。

そんな彼の集大成と言うべきビデオ「Rodney Mullen vs. Daewon Song」シリーズではないでしょうか?

このビデオを見た事のないスケーターはモグリと言っても良いほどの対策です。

その他には、スケボーカンパニー「ワールドインダストリーズ」の創業やダブルキックデッキの普及、

トラックのテンサーの特許などカンパニーの成功やギヤの普及と開発とスケボー界に数々の

影響を与えていきたレジェンドです。

 

【スケーター名鑑】ロドニー・ミューレン「数々のトリックを生み出したスケボーの神様」

ロドニー・ミューレンがリラックスしながら難しいトリックをメイクしてしまう凄さに驚き!

一時代を築いたスケボーブランド「ワールドインダストリーズ」と「ブラインド」設立秘話を覗いてみよう

スケボートリック「オーリー」ができた瞬間を知ってるか?

知ってる?「キックフリップ」は初め「マジックフリップ」って名前だったこと

 

クリスチャン・ホソイ

クリスチャン・ホソイはトニー・ホークのライバルとして80年代のスケートシーンを湧かせた

スケーターのうちの一人です。ライディングスタイルはワイルドで豪快。

まるでロックスターのようなオーラを放つ強烈な個性を持ったスケーターでした。

そんなクリスチャン・ホソイはトニー・ホークとは全てが対局にあったので、

当時のクリスチャン・ホソイ VS トニー・ホークという構図は、トニーが複雑なトリックを魅せれば、

ホソイはより高く空中に飛び上がるといった対決がとても盛り上がったのです。

しかし、彼の影響力と人気は80年代後半にピークを迎え、その後はスケボーブームの衰退と共に

薬物に溺れ刑務所に・・・表舞台から姿を消しました。

そして数十年の月日が経ち、現在は生まれ変わり、プロスケーターとして復活を遂げ、スケボーの

布教活動を行うとともに、牧師としても活動してます。

当時の彼を知るオヤジスケーターからその子供達まで、たくさんのスケーターに影響を与えています。

 

【スケーター名鑑】クリスチャン・ホソイ「80年代にスケボー界を席巻!今尚彼の崇拝者は多い!」

【クリスチャン・ホソイもテストライド】日本にもあったらいいなこんな場所「House of Vans London」

ペニースケードボード「クリスチャン・ホソイ」シグネチャーモデル2014

クリスチャン・ホソイのスケボーデッキ”ハンマーヘッド”をサーフボードで再現

 

ダニー・ウェイ

photo by wZa HK

photo by wZa HK

万里の頂上を飛び越えた男。メガランプのパイオニア的存在。

ダニー・ウェイをワンランク上のスケーターに押し上げたのが「DC Video」でのビッグエアー。

当時ここまでの大ジャンブに挑戦したスケーターがいなかったので、誰もがその光景に驚かされました。

そしてヘリコプターからのドロップイン。

また万里の頂上をスケボーで飛び越えたり、一歩間違えば死。人間の限界そしてスケーターの限界を超えた

挑戦をしてきたダニー・ウェイ。現在でも彼の偉業を上回るスケーターは存在しません。

そんな彼はDC一筋というイメージが強いのですが、それもそのはず、兄のデイモン・ウェイはDCの創業者の

一人だからです。DCがまだ創業間もないころからダニー・ウェイは自ら広告塔となりDCを支えてきたのです。

そしてDCは現在スケートシューズを代表する大企業へと成長。

兄を支えた弟。これもスケボー界への貢献へと繋がったのです。

 

【スケーター名鑑】ダニー・ウェイ「スケボーの限界そして人間の限界を超えた男」

スケボーと共に進化するDCはスケートシューズの選択枠のなさから生まれたブランドだった

 

マーク・ゴンザレス

現在のストリートスタイルを確立したパイオニア スケーター「マーク・ゴンザレス」。

マーク・ゴンザレスはフリースタイルをストリートに適応させたスケーターの一人です。

彼の全身から溢れ出すパフォーマンスはまるでスーパーボールのように

ストリートで飛んだり跳ねたり、スケボーでニューヨークの街に絵を描いてみせた。

「どうだい?スケボーってこんなことができるんだぜぇ」

マーク・ゴンザレスの驚くべきスタイルと革新性、芸術的な気質と遊び心は多くの

スケーターに影響を与えていることは間違いのないことです。

そして、画家としても活躍する彼は、今日のスケボーカルチャーから繋がるアート表現など、

スケーター+アーティストというスタイルを築いた人物でもあります。

交友関係のあるスケーターも広く、トミー・ゲレロとはスケボーブランド「クルキッド」を運営。

幼馴染みには世界の映画監督スパイク・ジョーンズ。

幼き日のガイ・マリアーノをブラインドに入れたり、アンチヒーローのジュリアン・ストレンジャー

やジョン・カーディエルなど、スケボー界の歴史においてマーク・ゴンザレスは様々場面で

登場してきました。今でもスケボー界に多大な影響を与えているからこそ、

それは今後も変わる事はないでしょう。

 

【スケーター名鑑】マーク・ゴンザレス「スケボーカルチャーをアートの域に高めた唯一無二の存在」

ゴンズのzine(ジン)を集めたアートブック「NON STOP POETRY」をゲット!

クルキッドとアディダスSBのコラボスケシュー「ゴンズPro」が登場

 

ボブ・バーンクエスト

ブラジル生まれのスケーター、ボブ・バーンクエスト。

X-Gamesで長年、王者として君臨し続ける男。ビッグエアーそしてメガランプ最強の男と言っても

過言じゃありません。なぜあのような大ジャンブ&トリックができるのか?

勇気?テクニック?精神力?身体能力?ん〜全て揃っているかからできるのでしょう!

ダニー・ウェイがメガランプの扉をあけたならボブ・バーンクエストは競技として昇華させた

スケーターだと思います。現在この無謀な競技に挑戦する若手スケーターも出て来ていますが

やっぱりストリートやバートとは一味も二味も違った超人的な身体能力が必要なのは間違いありません。

 

理解不能、常識を越えた命知らずのスケーター

【スケボー×サッカー】ボブ・バーンクイストが魅せてくれました!

 

エリック・コストン

photo by foxxyz

photo by foxxyz

エリック・コストンは90年代からスケボーの進化と成長に貢献したスケーターです。

X-Gamesでもストリート部門で金メダルを獲得している数少ないスケーター。

トニー・ホークのようにカリスマ性があり、多くのスケーターや業界から注目を集め、

常に新しいスタイルを発信し続けるスケーターです。

幼少期より天才スケーターの名を欲しいままにしてきたエリック・コストン。

90年代以降のスケボーのレベルを一段上に押し上げた人物でもあります。

ガールやラカイなどでリック・ハワード、マイク・キャロル、ガイ・マリアーノなど

とスケボー界の革新とレベルアップに勤めてきたのです。

スケボー界に燦然と輝くビデオ「MOUSE」や「Lakai Fully Flared」は一見の価値ありです。

そしてガイマリアーノと立ち上げたアパレルブランド「フォースター」でおしゃれさんのイメージが

つきましたが、昔はダサかったようです(笑)

またスティーブ・ベラと立ち上げたWebサイト&スケートパーク「ザ・ベリクス」は画期的で、

ザ・ベリックスのスケートパークを中心に繰り広げられるプロスケーターの動画を

タイムラインでアップしていくとうアイデアでスケボーの新たな革命を起しました。

まだまだ目が話せないエリック・コストンです。

 

【スケーター名鑑】エリック・コストン「この天才がいたからスケボーのレベルが引き上げられた」

エリック・コストンのスケボーに対する絶対に「ゆずれないもの」

Fourstarのオーストラリアツワービデオ「Crocodile Done Deal」登場

 

まとめ

世界中のスケーターに影響を与えた人物として上記の8人を選びました。

この8人の他にも革新的なスケーターはたくさんいますが、

スケートゥーではこの8人を上げさせてもらいました。

彼らはスケボーの技術ではもちろん他者の追従を許さず、誰もが無理としたことを

成遂げてきました。

そしてもう一つの側面としてスケボーの技術の他にカンパニーの創設やギアの普及・開発、

スタイルや競技としての認知など他の側面からもスケボー界に影響を与え発展に貢献してきた

スケーター達なのです。

全国のスケーター諸君かれらに感謝の祈りを捧げましょう!

 

スケーター名鑑

【スケーター名鑑】ダニー・ウェイ「スケボーの限界そして人間の限界を超えた男」

【スケーター名鑑】エド・テンプルトン「スケボーからアートへ表現の場を変えたスケーター」

【スケーター名鑑】レイ・バービー「ストリートに革新的スタイルを持込んだスケボー界の表現者」

【スケーター名鑑】ジョン・カーディエル「まるでエネルギー塊がスケボーしているようだ!」

【スケーター名鑑】ガイ・マリアーノ「表舞台から何度も姿を消したがやっぱり彼にはスケボーしかなかった」

【スケーター名鑑】リック・ハワード「スケボー界の坂本龍馬」

【スケーター名鑑】マイク・キャロル「スケボーカンパニーGirlの創始者」

【スケーター名鑑】エリック・コストン「この天才がいたからスケボーのレベルが引き上げられた」

【スケーター名鑑】アンドリュー・レイノルズ「スケボーの源流を貫く最後の大物」

【スケーター名鑑】マイク・バレリー「無骨そうだが実は器用です!スケボー界のマルチプレイヤー」

【スケーター名鑑】トニー・アルバ「ドッグボウルを始めた男!元祖肉食系スケーター」

【スケーター名鑑】チャド・マスカ「スケボー界のやんちゃボーイ」

【スケーター名鑑】ランス・マウンテン「スケボーを誰でも楽しめるものと証明した男」

【スケーター名鑑】トニー・ホーク「スケボー界史上最も成功したスケーター」

【スケーター名鑑】トミー・ゲレロ「ストリートはここから始まった!初めてスケボーで植栽を飛び越えた男」

【スケーター名鑑】ジェフ・ローリー「ヨーロッパスケボーの門戸を開いたパンクロッカー」

【スケーター名鑑】スティーブ・キャバレロ「生けるスケボー界の伝説!現在もハードなボウルをガンガン攻めます」

【スケーター名鑑】デーウォン・ソン「スケボーがまるで生き物!誰も真似出来ないマニュアルの名手」

【スケーター名鑑】クリスチャン・ホソイ「80年代にスケボー界を席巻!今尚彼の崇拝者は多い!」

【スケーター名鑑】マーク・ゴンザレス「スケボーカルチャーをアートの域に高めた唯一無二の存在」

【スケーター名鑑】ロドニー・ミューレン「数々のトリックを生み出したスケボーの神様」

【スケーター名鑑】ジェイミー・トーマス「過激なスケボー軍団ZEROの親玉」

 

LINEで送る
Pocket


Sponsored Link

合わせて読みたい記事

ペニースケードボード「クリスチャン・ホソイ」シグネチャーモデル2014

2013年にペニースケードボードからリリースされたクリスチャン・ホソイの「ライジングサン」の

記事を読む

今週の土日は「Xゲーム2016オースティン」を地上波で観よう!

6月2日〜5日までテキサス州オースティンで開催されていた「Xゲーム2016 オースティン」の熱きバト

記事を読む

NikeFuelBand(ナイキ・フューエルバンド)でスケボーの活動量を測定しよう

スケボーは本来、自由な遊びで、スポーツでもなく、ましてやトレーニングでもない! 好きな

記事を読む

「オーリーなんてしなくていい」そうすると道具も変わってくる

プロスーケーターであり映像作家の森田 貴宏さんの動画観て、もの凄く共感した。 僕も13年ぶりに

記事を読む

サム・ベケットとトレイ・ウッド「Blind Skateboards(ブラインド・スケートボード)」に加入

Original: You Tube by BlindSkateboards89 &n

記事を読む

【毛むくじゃらのスケーター】バンズ×スターウォーズのCM

Original:You Tube by Vans   バンズとスターウォ

記事を読む

アンドリュー・レイノルズ【55回の挑戦】16段ステアでバリアルヒール

Original:vimeo by houseofhammers   プロ

記事を読む

美貌とスキルを兼ね備えたガールズスケーター5人

あえてガールズスケーターと呼ばせてもらおう僕の行くスケートパークには男性顔負けの女性スケーター達がい

記事を読む

【このカーブトリックヤバすぎでしょ!】ダークスター「マノロ・ロブレス」

Original:vimeo by DarkstarSkate   ダーク

記事を読む

香港の最新スケートシーンをキャッチ!

Original:vimeo by Flow Points-Jordan MayfieldP

記事を読む



〜お知らせコーナー〜

一緒にスケボーしませんか?>>


SUKE-TOってそもそも何?>>


最後まで読んでくださりありがとうございました。スケボーを通してたくさんの人達と繋がれたらと思っています。
よろしければSNSでフォローをお願いします (^^)







PAGE TOP ↑