マイク・バレリー主演ドキュメンタリー「DRIVE」

公開日: アート&カルチャー

jpeg

同じ名前で記録的な賞を取った映画に基づいて、マイク・バレリーが今日のスケートボーディングと

若者文化を象徴する人々や場所を巡って世界中を旅する「DRIVE」。この映画はプロスケーター、

マック・バレリー自身の道でもあります。DRIVEはアクティブで思いやりのあることが、

才能と人生の夢を追求する為に必要なのでは?と視聴者に感動と力を与えてくれることでしょう。

 

<予告編>

 

★ドライブはエピソードごとにシリーズとなっています。

The Making of DRIVE

DRIVEのメイキングです。映画が制作された背景や哲学、撮影の舞台裏を知る事ができます。

 

DRIVE “The Professional”

マイク・バレリーがスケートボードのプロ意識の課題を探求しています。

マイクはプロであることの課題について意見を求める為に、彼の子供時代のヒーローである、

「ランス・マウンテン」「ライアン・シェクラー」「トニー・ホーク」を訪ねます。

 

DRIVE “Beyond Borders Part 1”

国境を越えて第一部。Isithumbaのズールー族を訪問し、西洋とズールー青年との文化交流の為に、

設立されたインディゴスケートキャンプに参加する為に、南アフリカに渡ります。

 

DRIVE “Beyond Borders Part 2”

国境を越えて第二部では、南アフリカのスケボーを探索する為に、ズールー族のスケーターと

ズールーランドの訪問が続きます。その中でマイクは孤児になって捨てられた子供達に会って、

地元のターバンスケートパークでスケボーを教えます。このエピソードから異文化から学ぶことへの

重要性を思い出させてくれます。

 

このあとのエピソードを見るにはこちらからどうぞ→ DRIVE starring Mike Vallely

>>他にもスケートボード関連のDVDをAmazonでチェック!
 

 








  • SUKE-TO(スケートゥー)と言います。

    ■2013年8月よりスケボー情報を発信するブログとしてスタートしました。

    ■2017年7月よりスケボーの他、ピストバイク、ファッション、映画のことなどあれこれ書くブログへと路線変更しました。

    詳しいプロフィール・お問い合わせ>>

PAGE TOP ↑