「オーリーなんてしなくていい」そうすると道具も変わってくる

公開日: あれこれライフ, スケボー情報

LINEで送る
Pocket

プロスーケーターであり映像作家の森田 貴宏さんの動画観て、もの凄く共感した。

僕も13年ぶりにスケボーを再開した時、自分が全く滑れなくなってて凄く苦労したんだ。

そしてオーリーが再びできるようになるまで時間がかかったんだけど、

その時思ったんだよね。

オーリーってなんてエネルギーがいるんだとうって・・・

 

Sponsored Link

オーリーをしないスタイル

当時40歳を目の前にした僕にとってはオーリーは体力的にとても辛かったんだよね。

森田さんも「オーリーはなんて非効率なんだ」って言ってる。

そんなことを僕も考えながらスケートパークに行ってみると、

オーリーしないスケーターが実は結構いることに気付いたんだ。

その中でも僕と同じ歳のスケーターでもの凄くスタイルのある人がいて

その人は意識的にオーリーをしないんだよね。

若い頃はバリバリストリートもやってたんだと思うけど、

今はオーリーからのアプローチは全くしない。

でもボウルもストリートも凄くうまくて這うようにコーピングにアプローチし

グランドやスライドをキメる。要はスラッピーの原理だね。

その他にもサーフィンのオフトレとしてスケボーをやっている人もいて

その人もオーリーはしない。

そんなオーリーをしないスケーターの平均年齢は30代後半からと高めなんだけど、

効率的に楽しく滑る為に体力などと相談しながら歳相応のスタイルになったってこと。

だからスケボー自体もストリートで使うデッキとは少し趣が違い、

太めのデッキに幅広のトラック、そして大きなウィールを使っている人が多い。

重いけどオーリーやフリップはしないからそれでいい。

メリットは安定した滑りができるから少しバランスを崩したくらいじゃ屁でもない。

あとデッキが長持ちする。

そんなわけで僕も真似して細めのデッキから太めのデッキに変えて、

オーリーはあまりしないようにしたところ、これだ!って思えたんだ。

そしたら今度は基本中の基本である「プッシュ」がもの凄く楽しくなってきてさ。

いやもうスケートパークでさえも行かないで、家の前でいいじゃないかって思えて、

小学生の頃に感じたスケボーの楽しさが蘇ってきたんだよね。

そのとき書いたのがこの記事。

 

たまたま本屋さんで見つけた本

ある時、本屋さんに行ったら「趣味の道具の作り方」という本が目に入ってきて、

中をパラパラと眺めていたら森田さんの手作りクルーザーデッキの記事が載ってたんだ。

 

そこには一枚の木材から削り出しでデッキを作るというもので、

市販の主なスケボーって数枚の薄い板を重ねてプレスしてデッキとして形成するんだけど、

これは違うんだ。削り出すんだ。まるで「円空」さんの仏像のように荒々しく。

前々から自作スケボーに興味があった僕はプレスは自前でできないなと諦めていたけど、

この本を見て削り出しなら僕にも出来る!作ってみたいと思い、

早速、ホームセンターに行って木材を買ってきた。

そして本に習って木材を削っていったのがこれ。

ちゃんとテールもノーズもキックがあるでしょ♬

ここまで無い道具を駆使して自力でやったんだけど、どうしても木の節の部分が削れなくて、

仕方なく知り合いのクラフトマンに機械で削ってもらった。

そのクラフトマン曰くこの木材は松の木だから丈夫だという。

これから僕がハンドシェイプで更に削っていき最後にペイントして手仕上げしていく。

塗料も既に買ってあるのでそれはまたの機会に紹介しよう。

世界に一つの僕だけのスケボー。完成が楽しみだ。

 

 

LINEで送る
Pocket


Sponsored Link

合わせて読みたい記事

未開の地エチオピア

フォトグラファーのケビン・Metallierがマイケル・Mackrodtとオスカー・Cand

記事を読む

【安定感抜群】バンズヨーロッパチームによるナポリでのストリートスケート

5月9日にイタリア ナポリで開催されたミニランプコンテスト「Vans “Off The Wa

記事を読む

【新着ビデオ】スティービー・ペレズ「乗るか死か?」

Original:You Tube by RIDE Channel   S

記事を読む

「アキラ×シュプリーム」破壊か明るい未来か?!何かメッセージが隠されている?

  おじさん世代にはたまらないコラボ。 大友克洋のインタビュー動画とコレクションは

記事を読む

新しいスケートトリック発明

エレメントのチームメンバーである、トレント・マクラングが新しいスケボートリックを発明。

記事を読む

【日本にも上陸】メジャー化してしまうのか「Welcome Skateboards(ウェルカム・スケートボード)」

悲しいやら嬉しいやらで、とうとう日本にも上陸してしまった「Welcome Skateboards(ウ

記事を読む

【80’sにタイムスリップ】カリーへヤーの彼女が眩し過ぎるぜぇ

Original:You Tube by ThrasherMagazine  

記事を読む

Volcom最新映像24時間限定WEB公開

スケートボード、サーフィン、スノーボードの老舗ブランド「ボルコム」より最新映像が24時間限定

記事を読む

ウェブキャストでバンズのボウルコンテストを生放送で見よう!

バンズの世界最高峰のボウルコンテスト「Van Doren Invitational」をウェブ

記事を読む

トニーホーク少年

トニーホークの少年時代の映像を発見 80年代の日本のテレビ番組に出演するトニーホーク少年。

記事を読む



〜お知らせコーナー〜

一緒にスケボーしませんか?>>


SUKE-TOってそもそも何?>>


最後まで読んでくださりありがとうございました。スケボーを通してたくさんの人達と繋がれたらと思っています。
よろしければSNSでフォローをお願いします (^^)







PAGE TOP ↑