オーリーができなきゃだめ?僕らはあまりにも常識に囚われ過ぎている

公開日: コラム/エッセイ

スケートボードはオーリーできなくても楽しめますよ

スケボーで滑る二人

いや〜スケートボードって難しいよね。

初めてのスケートボード。あなたはどんなトリックから始めますか?

ほとんどの人はオーリーが最初の目標になるかと思います。

段差とか飛べたら楽しいよね。

そしてよく見る光景としてず〜っと止まってオーリーの練習している人いますよね。

いや!全然いいんですよ。人ぞれぞれですから。

でもスケートボードってその前にプッシュで滑る楽しさってあると思うんです。

子供のようにバカみたいなスピードで坂道を下るスリルと爽快感。

パークに行って特に凄いトリックをする訳でもなくクルージングするのも楽しいし、

あえてオーリーしないスタイルの人もいますよね。

それがメチャクチャかっこよかったり。

 

Sponsored Link

オーリーや回し形をしないスタイルもかっこいい!

そうだこの前、エレメントの「Make It Count 2016」国内第一戦、16歳以上の部で

優勝した影山武士くんって子がそんなスタイルだった。

多分、彼は基本的なトリックはできるんだろうけど、強豪ひしめくハイスキルスケータ—が集う中、

皆と同じスタイルでは勝負せず、オーリーや回し系はしない独自のスタイルが印象的でした。

スケートを楽しんでいるのが前面に出ていて見ているこっちも楽しくなる滑りだった。

 

オーリーができないから手を使ってボンレスでジャンプ

スケートボードってそもそもルールがないものだけど、

いつのころからスケート始めたらオーリーから入るのがセオリーになっている気がする。

僕が初めてスケートを始めた時はチクタクから入ってそのあとボンレスやってた。

オーリーがどうしても出来ないと言うのもあって手を使ってボンレスでジャンプしてたなぁ。

それはそれですげ〜楽しかったし、それを見ていたスケートを知らない僕の兄は「お前プロになれるよ!」

って興奮して言ってたのを覚えてる(笑)

だから何事もまずは楽しむことから入らないと続かないし、その魅力も見えてこない。

スケートを始めたけどオーリーができないから辞めた人って多いと思う。

それってスケートの楽しさを味わう前に辞めてしまって、とてももったいないこと・・・

実際に僕が家の前で滑っていると近所のご主人が「僕はオーリーでつまずいて辞めました」って言ってた。

僕はオーリーできなくても楽しめますよ。もう一度やりましょう!

って誘たけど彼にはもうその意思はないようで残念・・・

 

まとめ

なので今、オーリーの練習をしていて挫折しそうになっている人がいたら、

一旦、オーリーの練習は辞めて、もっと視野を広げて自分ができることで楽しんでほしい。

例えばプッシュで段差を降りてもいい。

初めはゆっくり、慣れてきたら勢いを付けて降りる。

これだけでもスケートに立体感が出て楽しいもんです。

スケートを楽しみ続けていればスケートカルチャーそのものの魅力を十二分に味わうことができるはずです。

 

スケボーを100%楽しむ為の7つの方法

 


Sponsored Link

合わせて読みたい記事

五月病?一つの仕事に執着することないんじゃない?スケーターの感性を生かして転職もしくは複数の仕事をする

転職・複数の仕事を掛け持ち「スケーターの感性を生かした職業まとめ」スケボーは好きだけど、やはりスケボ

記事を読む

特別なことじゃない日常をクリエイティブに過ごすこと

子供とレゴで遊んでいたら、僕がWebデザインを初めた頃に聞いた、 ある偉い先生の言葉を思い出し

記事を読む

Ready Skater Three「スタンド・バイ・ミーLAから来たスケーター”エディ”との夏」【オレたちの90s〜高校生編〜】

僕のスケボー遍歴を「Ready Skater」というエッセイにして、ノンフィクション8割、フィク

記事を読む

意外にいい声「イケハヤ氏のVoicy」が面白い

  最近のイケハヤ氏のブログは仮想通貨のことがメインで書かれていて仮想通貨にそれほど

記事を読む

車の買い替えは難しい!そんな時は一つの選択肢に「ゆるいクルマ」はいかが?

車買い替えの条件ってなに? 今回は車の買い替えについて書いてみようと思います。 まず初めに僕は車

記事を読む

大人の趣味スケボーの写真

「大人の趣味5選」40代の僕が実際にハマっているオススメの趣味を紹介します

こんにちは。 近頃、腹回りのお肉が付き過ぎてハンプティダンプティーのような体型になってきたスケート

記事を読む

無感情に成り下がった大人も火付いちゃうよ!パンクロック・ヒーロー「横山健」

  90年代をメインストリームに背を向けて過ごしてきたコアな人達には 「ハイスタン

記事を読む

Ready Skater One「僕のスケボーはデパートで買ってもらった偽物から始まった」【昭和ノスタルジー〜小学生編〜】

僕のスケボー遍歴を「Ready Skater」というエッセイにして、ノンフィクション8割、フィク

記事を読む







  • SUKE-TO(スケートゥー)と言います。

    ■2013年8月よりスケボー情報を発信するブログとしてスタートしました。

    ■2017年7月よりスケボーの他、ピストバイク、ファッション、映画のことなどあれこれ書くブログへと路線変更しました。

    詳しいプロフィール・お問い合わせ>>

PAGE TOP ↑