オーリーができなきゃだめ?僕らはあまりにも常識に囚われ過ぎている

公開日: コラム

LINEで送る
Pocket

スケートボードはオーリーできなくても楽しめますよ

skateboarding-821501_640

いや〜スケートボードって難しいよね。

初めてのスケートボード。あなたはどんなトリックから始めますか?

ほとんどの人はオーリーが最初の目標になるかと思います。

段差とか飛べたら楽しいよね。

そしてよく見る光景としてず〜っと止まってオーリーの練習している人いますよね。

いや!全然いいんですよ。人ぞれぞれですから。

でもスケートボードってその前にプッシュで滑る楽しさってあると思うんです。

子供のようにバカみたいなスピードで坂道を下るスリルと爽快感。

パークに行って特に凄いトリックをする訳でもなくクルージングするのも楽しいし、

あえてオーリーしないスタイルの人もいますよね。

それがメチャクチャかっこよかったり。

 

Sponsored Link

オーリーや回し形をしないスタイルもかっこいい!

そうだこの前、エレメントの「Make It Count 2016」国内第一戦、16歳以上の部で

優勝した影山武士くんって子がそんなスタイルだった。

多分、彼は基本的なトリックはできるんだろうけど、強豪ひしめくハイスキルスケータ—が集う中、

皆と同じスタイルでは勝負せず、オーリーや回し系はしない独自のスタイルが印象的でした。

スケートを楽しんでいるのが前面に出ていて見ているこっちも楽しくなる滑りだった。

 

オーリーができないから手を使ってボンレスでジャンプ

スケートボードってそもそもルールがないものだけど、

いつのころからスケート始めたらオーリーから入るのがセオリーになっている気がする。

僕が初めてスケートを始めた時はチクタクから入ってそのあとボンレスやってた。

オーリーがどうしても出来ないと言うのもあって手を使ってボンレスでジャンプしてたなぁ。

それはそれですげ〜楽しかったし、それを見ていたスケートを知らない僕の兄は「お前プロになれるよ!」

って興奮して言ってたのを覚えてる(笑)

だから何事もまずは楽しむことから入らないと続かないし、その魅力も見えてこない。

スケートを始めたけどオーリーができないから辞めた人って多いと思う。

それってスケートの楽しさを味わう前に辞めてしまって、とてももったいないこと・・・

実際に僕が家の前で滑っていると近所のご主人が「僕はオーリーでつまずいて辞めました」って言ってた。

僕はオーリーできなくても楽しめますよ。もう一度やりましょう!

って誘たけど彼にはもうその意思はないようで残念・・・

 

まとめ

なので今、オーリーの練習をしていて挫折しそうになっている人がいたら、

一旦、オーリーの練習は辞めて、もっと視野を広げて自分ができることで楽しんでほしい。

例えばプッシュで段差を降りてもいい。

初めはゆっくり、慣れてきたら勢いを付けて降りる。

これだけでもスケートに立体感が出て楽しいもんです。

スケートを楽しみ続けていればスケートカルチャーそのものの魅力を十二分に味わうことができるはずです。

LINEで送る
Pocket


Sponsored Link

合わせて読みたい記事

ロックかロックじゃないか

  おじさんになっても未だ団体行動が苦手な僕です。 この歳になるまで必要最小限の人

記事を読む

今の俺はギターを集めるギタードッグだ

  何かの記事で読んだんだけどここ数年ギターの売上が下がっているらしい。 昨今の打

記事を読む

遠くの偉人より横丁のオヤジやオバさんの方が凄いんじゃないか?!

  この間、埼玉にある「玉川温泉」というところに行って来た。 この温泉は昭和レトロ

記事を読む

特別なことじゃない日常をクリエイティブに過ごすこと

子供とレゴで遊んでいたら、僕がWebデザインを初めた頃に聞いた、 ある偉い先生の言葉を思い出し

記事を読む

五月病?一つの仕事に執着することないんじゃない?スケーターの感性を生かして転職もしくは複数の仕事をする

転職・複数の仕事を掛け持ち「スケーターの感性を生かした職業まとめ」スケボーは好きだけど、やはりスケボ

記事を読む

昭和ノスタルジー「僕のスケートボードはデパートで買ってもらった偽物から始まった」【小学生編】

イトーヨカドーで買った猛牛の絵のスケートボード今から遡ること29年前の1987年。僕は10歳のわんぱ

記事を読む

古いと新しいのグラデーションを見て何だか寂しくなっちゃった

  今日は朝からメールのチェックも早々に散歩に出掛けた。 最近、運動不足だけど激しく体

記事を読む

世界中を覆う人の網の目の中で誰かの役に立つこと

  「君たちはどう生きるか」というマンガを読んだ。 最近、本屋さんに行くと目立つコ

記事を読む

無感情に成り下がった大人も火付いちゃうよ!パンクロック・ヒーロー「横山健」

  90年代をメインストリームに背を向けて過ごしてきたコアな人達には 「ハイスタン

記事を読む



〜お知らせコーナー〜

一緒にスケボーしませんか?>>


SUKE-TOってそもそも何?>>


最後まで読んでくださりありがとうございました。スケボーを通してたくさんの人達と繋がれたらと思っています。
よろしければSNSでフォローをお願いします (^^)







PAGE TOP ↑