スケートシューズブランド「es」が帰ってきた!果たして復活なるか?!

公開日: スケボー情報

Es_Footwear_Return_Jenkem

2000年代前半にスケートシューズ界の頂点に君臨していた「es」。

esのシューズは技術的にも耐久性にも優れたスケートシューズを次々にリーリースし多くのスケーターから支持を得ていた。

しかもチームには、エリック・コストン、ボブ・バーンクエスト、アルト・サーリ、ポール・ロドリゲスなどの

数多くのスタースケーターが所属していた。今となってはビッグネームばかりのオールスターチームだ。

esTeam

しかし、諸行無常。そんなesの栄華は続かず、スタースケーターが次々とチームを離れ、ブランドのパワーは失速。

スケートシューズのビジネスは簡単なものではありませんでした。

そして月日は流れ、esが復活するとの噂が回り始め、今年の初めにそれは現実となりました。

チームには誰が入るのか?現在のスケートシューズ界で競合するブランドはナイキやアディダス、ニューバランスと

スポーツメーカーの巨人ばかり、果たしてここに入ってesは何をもたらすのか期待が高まりました。

しかし、チームは無く、ビデオもありません。あるのは3種類のシューズと赤、青、白の3色のバリエーションのみ。

希少性を売りにした草の根的なマーケティングプランで販売しました・・・

es-red-pack

es-navy-pack

es-white-pack

これまでのところesのカムバックは期待ハズレでしたが、1990年代後半から2000年代初頭のesを知っている

多くのスケーター達は、きっともう一度esの復活を見たいはずです。

それには新しい世代のスタースケーターを発掘しYouTubeでビデオを公開するなど、

必要なことをやっていくことになると思います。

ちょっと暗い記事になってしまいましたが、esの今後に期待しつつ動向を見守って行きたいと思います。

 


ソース:es IS BACK, BUT DOES IT CHANGE ANYTHING?


 








  • SUKE-TO(スケートゥー)と言います。

    ■2013年8月よりスケボー情報を発信するブログとしてスタートしました。

    ■2017年7月よりスケボーの他、ピストバイク、ファッション、映画のことなどあれこれ書くブログへと路線変更しました。

    詳しいプロフィール・お問い合わせ>>

PAGE TOP ↑