スケートシューズブランド「es」が帰ってきた!果たして復活なるか?!

公開日: スケボー情報

LINEで送る
Pocket

Es_Footwear_Return_Jenkem

2000年代前半にスケートシューズ界の頂点に君臨していた「es」。

esのシューズは技術的にも耐久性にも優れたスケートシューズを次々にリーリースし多くのスケーターから支持を得ていた。

しかもチームには、エリック・コストン、ボブ・バーンクエスト、アルト・サーリ、ポール・ロドリゲスなどの

数多くのスタースケーターが所属していた。今となってはビッグネームばかりのオールスターチームだ。

esTeam

しかし、諸行無常。そんなesの栄華は続かず、スタースケーターが次々とチームを離れ、ブランドのパワーは失速。

スケートシューズのビジネスは簡単なものではありませんでした。

そして月日は流れ、esが復活するとの噂が回り始め、今年の初めにそれは現実となりました。

チームには誰が入るのか?現在のスケートシューズ界で競合するブランドはナイキやアディダス、ニューバランスと

スポーツメーカーの巨人ばかり、果たしてここに入ってesは何をもたらすのか期待が高まりました。

しかし、チームは無く、ビデオもありません。あるのは3種類のシューズと赤、青、白の3色のバリエーションのみ。

希少性を売りにした草の根的なマーケティングプランで販売しました・・・

es-red-pack

es-navy-pack

es-white-pack

これまでのところesのカムバックは期待ハズレでしたが、1990年代後半から2000年代初頭のesを知っている

多くのスケーター達は、きっともう一度esの復活を見たいはずです。

それには新しい世代のスタースケーターを発掘しYouTubeでビデオを公開するなど、

必要なことをやっていくことになると思います。

ちょっと暗い記事になってしまいましたが、esの今後に期待しつつ動向を見守って行きたいと思います。

 


ソース:es IS BACK, BUT DOES IT CHANGE ANYTHING?


 

LINEで送る
Pocket


Sponsored Link

合わせて読みたい記事

レッドブルプレゼンツ赤道地域を巡るスケートトリップシリーズ「EP1シンガポール」

レッドブルより、TJ・ロジャース、マドラス・エイプス、ライアン・デセンゾ、 バーニー・

記事を読む

ウェブキャストでバンズのボウルコンテストを生放送で見よう!

バンズの世界最高峰のボウルコンテスト「Van Doren Invitational」をウェブ

記事を読む

Chocolateの手彫りデッキがカッコいい件

Chocolateからリリースされたばかりの「手彫りボードデッキ」。 ケニー・アンダー

記事を読む

ステレオのスケボービデオ「クラシック感漂う感じがいいよね」

Original: You Tube by RIDE Channel  

記事を読む

【ヤバい!】キャバレロのストリートスタイル

Original:You Tube by ThrasherMagazine  

記事を読む

【見所満載】LRGクルーによるソーマスケートパークでのデモ

Original:vimeo by LRG Clothing   ジャック

記事を読む

トニー・ホークが日本に!もう帰っちゃたかな?

先週の土曜日にトニー・ホークが日本にいるとの情報を入手。 その日にこのグログでも報告し

記事を読む

【オ〜ジーザス!】グレイソン・フレッチャー”ハイエアーでワンフット”

Original:You Tube by Element Brand  

記事を読む

スケボーするなら知っておきたい「神奈川のスケートパーク」まとめ

Photo by MattLaws[/caption] スケボーするなら知っておきたい神奈川

記事を読む

「P・ロッド」アメフト選手にタックル!そして水でずぶ濡れに・・・

P・ロッドことポール・ロドリゲスをフューチャーした、NIKE SBのコマーシャル。 日

記事を読む



〜お知らせコーナー〜

一緒にスケボーしませんか?>>


SUKE-TOってそもそも何?>>


最後まで読んでくださりありがとうございました。スケボーを通してたくさんの人達と繋がれたらと思っています。
よろしければSNSでフォローをお願いします (^^)







PAGE TOP ↑