スケボー進化論?!

公開日: スケボー情報

LINEで送る
Pocket

スケボーの形状は現在の形になるまで時間をかけて進化してきました

先人達のこうしたらもっと乗りやすいとか、トリックがしやすいのはこの形だ!

とか様々なアイデアと工夫が現在の形状になって行ったのだと思います。

 

Sponsored Link

60年代スケボー

木製のデッキにゴム製のウィールをつけたものです。かなり渋いです。

 

70年代スケボー

合板やプラスチック、グラスファイバー製のデッキにウレタン製のウィールをつけたもが登場。

短めのデッキにウレタン製のウィールを装着することにより滑走性や回転性が飛躍的に向上した。

今流行っているペニーはこの時代のリバイバルですね。

 

80年代スケボー

デッキは合板で少し長く幅が広いくアイスクリームのスプーンの様な形が主流ですが、

この時代はそれぞれスケーターの個性によって微妙に形が違っていて面白いです。

トラックの幅も広いタイプが主流になりました。

私が初めて触れたスケボーがこの時代のスケボーです。

デッキやトラックなどの進化の他、もう一つ注目したいのが、デッキのグラフィックです。

今見るとカラフルでthe 80年代といった感じでグッドです!

 

現在の形状

そしてこちらが現在の私たちの馴染みのある形状になりました。

といっても今はストリートだとかロングボードだとかの棲み分けもなくなったように私は感じます。

人それぞれスケボーの楽しみ方やスタイルによってどんなデッキに乗ろうか選べばいいし、

特に凄いトリックをするとかじゃなくって、ファッションで乗る人もいていいと思います。

(実際増えているようです)私はそれはそれで全然ありだと思います。

もっともっと気軽にスケボーを楽しめれば何でもありですねよ。

LINEで送る
Pocket


Sponsored Link

合わせて読みたい記事

【LAで滑ってきました】日本の次世代スケーター「BUZZ BOYZ」

Original:vimeo by HIBRIDskateboards  

記事を読む

ひと昔前の話し

昨今のインターネットの発展には目覚ましいものがあります。 それはスケボーを取り巻く環境にも影響

記事を読む

岡田晋がスケートシーンに戻ってきた!

  あの岡田晋さんがスケートシーンに戻ってきました。 スケートから3年

記事を読む

笑えるしハイレベルだし見応えある最高のスケボービデオ

Original: You Tube by AGO MEGANE   砂川

記事を読む

ウェブキャストでバンズのボウルコンテストを生放送で見よう!

バンズの世界最高峰のボウルコンテスト「Van Doren Invitational」をウェブ

記事を読む

”COALATREE ORGANICS”の新着ビデオ”Mexico City”

コロラド発のオーガニックアパレルブランド「COALATREE ORGANICS」より

記事を読む

ETNIES(エトニーズ)チームライダーとスタッフ【LAでホームレスに靴を無料提供】

photo by thrashermagazine.com[/caption] 先週の金曜日エト

記事を読む

【一癖あるスケボーブランド】オールドスクールやハードコアなブランドを徹底比較

人と違ったスケボーブランドがいいな〜て人に!こんにちわ。スケートゥーです。スケボー初心者の人もベテラ

記事を読む

中二の時ってファンタ飲んでポテチ食ってた記憶しかないけど

Original:vimeo by HIBRIDskateboards  

記事を読む

【BGMが怖い〜】異様な雰囲気に感じるスケボービデオ

BGMがホラー映画のようだと異様な雰囲気に感じてしまうスケボービデオを紹介。 一見、映

記事を読む



〜お知らせコーナー〜

一緒にスケボーしませんか?>>


SUKE-TOってそもそも何?>>


最後まで読んでくださりありがとうございました。スケボーを通してたくさんの人達と繋がれたらと思っています。
よろしければSNSでフォローをお願いします (^^)







PAGE TOP ↑