スケボートリック:フロントサイド5-0グラインドの練習方法

公開日: スケボートリックHow To

LINEで送る
Pocket

3136926957_c3a54dd95a_z

Photo by: milksss

スケボートリックhow to グラインド&スライド系②【フロントサイド5-0グラインド】

5-0グラインドはカーブ上でテールマニュアルをするトリック。

テールマニュアルと50-50グラインドの複合技だ。

今後、スミスグラインドやサラダグラインドを習得するときは、

この5-0がベースとなるのでしっかりマスターしよう!

 

Sponsored Link

<フロントサイド5-0グラインドの形とスタンス>

スクリーンショット 2013-10-28 15.21.55

トラックのハンガー部分を使ってレールの上をテールマニュアルで滑る。

 

<練習方法>

●後ろのトラックがうまくはめ込めない場合は、レールやカーブを良く見ていないことが多い。

よく狙いを定め、後ろ足を踏み込むようにすれば「カチッ」とはまるようになる。

●マニュアルの状態でうまく滑れないのは、頭の位置が前になりすぎていないかチェックしよう。

重心が前に掛かってしまうと、後ろのトラックが掛かった瞬間に

前のトラックも掛かってしまってうまく滑れない。

●うまく降りられないときは、滑っている最中もヒザの余裕を持って、伸ばしたままにしないように。

最初はレールの切れ目に合わせて降りるようにして、途中で抜けれるときは軽くテールを踏んで

肩から抜けるようにする。

 

fs5-0-1-_1

①アプローチは50-50とまったく同じで、やや広めのスタンスでオーリーする。

②オーリー足でデッキをコントロールし狙ったポイントに向かう。

③カーブの真上で後ろ足を踏みつけるようにしてトラックをレールにはめ込む。

④トラックがはまったら、前足と両手でバランスを取りながら体勢をキープしノーズを上げたまま滑る。

fs5-0_2

⑤重心は後ろ足の上に置くようにし、ノーズを上げたまま抜け出るポイントを確認し着地準備。

⑥後ろにあった重心をデッキの真上に移動させデッキをコントロール。

⑦4輪同時に着地する。

⑧ヒザのクッションでバランスを取ってメイク。

 

<参考動画>

 

LINEで送る
Pocket


Sponsored Link

合わせて読みたい記事

スケボートリック:バックサイドボードスライドの練習方法

Photo by: milksss[/caption] スケボートリックhow to グラインド

記事を読む

スケボートリック「オーリー」の練習方法を考察してみた

photo by old_skool_paul[/caption]スケボーを始めてまず壁にぶつかる

記事を読む

スケボートリック:バックサイド180の練習方法

Photo by: milksss[/caption] スケボートリックhow to フラットラ

記事を読む

スケボートリック:フロントサイド180ヒールフリップの練習方法

Photo by: milksss[/caption] スケボートリックhow to フラットラ

記事を読む

スケボートリック:フロントサイドノーズグラインドの練習方法

Photo by: milksss[/caption] スケボートリックhow to グラインド

記事を読む

スケボートリック:バックサイドフィーブルグラインドの練習方法

Photo by: hutchphoto[/caption] スケボートリックhow to グラ

記事を読む

スケボートリック:キックフリップの練習方法

Photo by: milksss[/caption] スケボートリックhow to フリップ系

記事を読む

スケボートリック:フロントサイドノーズスライドの練習方法

Photo by: milksss[/caption]   スケボートリックho

記事を読む

スケボートリック:フロントサイドスミスグラインドの練習方法

Photo by: hutchphoto[/caption] スケボートリックhow to グラ

記事を読む

スケボートリック:フェイキーキックフリップの練習方法

Photo by: milksss[/caption] スケボートリックhow to フラットラ

記事を読む



〜お知らせコーナー〜

一緒にスケボーしませんか?>>


SUKE-TOってそもそも何?>>


最後まで読んでくださりありがとうございました。スケボーを通してたくさんの人達と繋がれたらと思っています。
よろしければSNSでフォローをお願いします (^^)







PAGE TOP ↑