【スケーター名鑑】デーウォン・ソン「スケボーがまるで生き物!誰も真似出来ないマニュアルの名手」

公開日: スケーター名鑑

名前:Daewon Song(デーウォン・ソン)

生年月日:1975年2月19日

出身:カルフォルニア州 ガーデナ

スポンサー:Almost, Spitfire, DVS, Tensor, Matix, Andale Bearings, MOB, Knox Hardware

Almostのデッキをチェック>>

 


マニュアルの名手「デーウォン・ソン」!

私が彼を知ったのが以前紹介した「ロドニーミューレンVSデーウォンソン」シリーズです。

ロドニーはもちろんスゲ〜って感じで見ていたんですが、

このビデオのもう一人の主役デーウォン・ソン。

この人のマニュアルは本当に凄い!

正確で安定感のある滑りは見ていてとても気持ちがいいんです。

ボディバランスがいいのか、ほとんどふらつきません。

それと創造性と度胸ですね。

ベンチや倉庫にあるものを組み合わせて独自のセクションにしてしまう想像力には脱帽です。

それと度胸もこれまたハンパないんです!これ普通にジャンプしても届かないんじゃない?

っていうようなところを平気で越えていくんです。

プロに言うのも変ですが怖くないんでしょうかね〜

逆に彼しかできないから伝説を築き上げることができたんでしょう。

下記に貼った、上の方のビデオは序盤から中盤にかけての若い頃のデーウォンを見てもらうと、

私が言っている「度胸」ってのが解ると思います。

真中に貼ったのはマニュアルの妙技が確認できます。

更には現在でも何か新しいものを探し続けているのが伺えるのが一番下のビデオです。

 

 

 








  • SUKE-TO(スケートゥー)と言います。

    ■2013年8月よりスケボー情報を発信するブログとしてスタートしました。

    ■2017年7月よりスケボーの他、ピストバイク、ファッション、映画のことなどあれこれ書くブログへと路線変更しました。

    詳しいプロフィール・お問い合わせ>>

PAGE TOP ↑