スケボートリック:バックサイド180の練習方法

公開日: スケボートリックHow To

3316614676_5802e569a7_z

Photo by: milksss

スケボートリックhow to フラットランド系④【バックサイド180】

バックサイド180は見えない方向に回るのである程度、度胸が必要。

フロントサイドと違うのは、下半身だけでコントロールすることが難しいという点だ。

上半身でのコントロールが重要になってきます。

やみくもにテールを蹴ってもデッキが飛んで行ってしまう。

しっかりと着地点に目標を定め、広めのスタンスで上半身から先に回転するようにテールを蹴る。

オーリー足でデッキを捕らえ、体の真下でコントロールするようにするとデッキが飛んでしまうこともない。

着地時のバランスはやはり頭の位置で決まる。フラつかなくなるまで何度も練習しよう。

 

Sponsored Link

<バックサイド180のスタンス>

bs180

オーリーのスタンスよりも少し広めにスタンスをとる。

前足のかかとが少しだけデッキからはみ出すように前足を置くとデッキコントロールがしやすくなる。

 

<練習方法>

★いきなり180度回転しようとしないで、まずは90度回転してみよう。

90度回転がマスターできたら180度回転にトライしよう!

★バックサイド180は体の真下にデッキがあるように意識しながら練習するのがポイント。

前後のウィールが同時に着地するのがベスト。

 

bs180-1

①まずは十分にヒザを曲げて準備。

②肩を回転させrて一気に伸び上がりながらテールを蹴る。

③前足ののヒザが開かないように注意しながらデッキの真上に体があるように意識し足首を内側に巻こむ感じ。

④ピーク地点では高さを出すために前足を軽く突き出し、後ろ足もそれに合わせ抱え込むように縮める。

bs180-2

⑤縮めた後ろ足を進行方向に送り出しながら伸ばし、着地の準備。

⑥着地の際の視線は進行方向へ向ける。

⑦4輪同時に着地し、ヒザのクッションで着地の衝撃を吸収。上半身はは進行方向へ向き直す。

⑧着地後はファイキー方向に進んで行く。上半身、視線ともに進行方向にむければ完成。

 

<参考動画>

※参考は動画の中盤からです

 








  • SUKE-TO(スケートゥー)と言います。

    ■2013年8月よりスケボー情報を発信するブログとしてスタートしました。

    ■2017年7月よりスケボーの他、ピストバイク、ファッション、映画のことなどあれこれ書くブログへと路線変更しました。

    詳しいプロフィール・お問い合わせ>>

PAGE TOP ↑