車の買い替えは難しい!そんな時は一つの選択肢に「ゆるいクルマ」はいかが?

公開日: コラム/エッセイ

Sponsored Link

車買い替えの条件ってなに?

今回は車の買い替えについて書いてみようと思います。

まず初めに僕は車が大好き!な人ではありません。

しかし全く興味がないというわけでもありません。

ん〜難しい人ですね(笑)

言うなれば普段の生活の中で色々な好きがあるけど、その中の一部として「車”も”好き」

と言う程度の位置づけです。

そして我が家の車選びの基準は、家族で乗れて、奥さんも運転する為あまり大きくなく低燃費。

更に欲を言えば少しはかっこいいのがいいぞ。

と言うことで選んだ車が今乗っているプリウスαちゃんです。

このプリウスαも買い替えまでに相当悩みました。

だって上記の条件を満たすことのできる低燃費でかっこいい車ってなかなかないんだもの(涙)

低燃費という条件で見れば、その前に乗っていた車の倍以上の距離を走るようになったので

大満足なのだが、いかんせかっこよさという点においては不満が残る・・・

ちなみにプリウスαの実燃費は一般道で15〜16km/l。高速道路を使った走行だと18〜20km/l程度だ。

ん〜本当に車の買い替えって難しい。あっちを取ればこっちが立たず・・・

 

なので次回の車買い替えの際には「ゆるいクルマ」というのを選択肢に入れてみようと思ってる。

「ゆるいクルマ」?

何だそりゃ?

ですよね。意味解りませんよね。ゆるキャラ?

みたいですね(笑)

僕が初めてこの言葉を知ったのはGO OUTというアウトドア情報誌の特集本です。

中身を見てみるとヒヤ〜20年以上前のベンツやボルボ、ランクルなんてもありで本当にゆるいクルマばかり!

それをおしゃれな人達がかっこよく乗りこなしている様が素敵だったのです。

 

僕なりに考えた「ゆるいクルマ」の定義

まず「ゆるいクルマ」の定義なのだけど、この本にも明確に示されているわけではなく、

ただ「車”も”好き」というレベルの表現しかなされていない。

そこがまた「ゆるい」のだけど(笑)

なのでそこを僕なりに定義してみると、

「ゆるいクルマ」とは「ゆるい」という言葉が示すように「頑張っていない車」

頑張っていない車とは、外観的に見ればバリバリの改造車ではなく基本はノーマルで、

たとえ改造していてもノーマルっぽく見える車。それと燃費は度外視し。

精神面では車に依存するわけでもなく、車との絶妙な距離感を保ちつつ自分のライフスタイルに合わせて、

ガンガン使い込むような乗り方をする車のことを「ゆるいクルマ」と言うのはどうだろう。

 

自分にとっての丁度いいを反映した車

上記にあげた「ゆるいクルマ」の条件として特に重要なのは自分のライフスタイルに合った

車選びをすることにあると思う。

まぁそんなこと当たり前のことなのだが、言い換えれば自分を表現する物のひとつとして車があって、

結果それがその車に乗る人を通してかっこよく見えるか?

このかっこいいも人それぞれで、曖昧なんですが、僕が思うかっこ良さとして2つの例を上げてみました。

 

例えばサーファーがボロボロの時代遅れのマークⅡバンに乗ってサーフィンしに

行ってたらかっこいいよね。

車は潮風でダメになりやすいから中古で十分。

それよりもとにかく荷物が詰めて傷なんか気にせず雑に扱っても気にならない車。

 

もう一つは僕が実際目撃したトヨタのデュエットに肩を寄せ合って乗る老夫婦。

おじいさんは中折れのウールハットを冠ってツイードのジャケットを着たおしゃれさん。

デュエットの車体は小さいけどこの老夫婦には丁度いい。

更にデュエットは少しクラシカルなデザインなので老夫婦の雰囲気ともマッチしている。

こういったことを自然にできてるって素敵だなと思った。

 

ようは自分(自分達)に合った丁度いいが解る人ってかっこいい

 

買い替え候補としての3台の「ゆるいクルマ」達

それでは親子3人プラス犬1匹がいる我が家が、次回の車買い替えの際の候補として

3台の「ゆるいクルマ」を選んでみました

 

ルノー カングー

ゆるい車の代表格的なところもあるルノーのカングー。

ゆるいですね〜アウトドア雑誌などにも度々登場するおしゃれな一台です。

現行モデルが好きです。

 

ホンダ エレメント

この車は2003年〜2005年の間に販売されていた車で既に生産終了となっています。

未だに人気の車種で中古市場でも状態のいいものを見つけるのが難しい。

デザインもかわいくて、かなり好きな車です。

 

ホンダ モビリオ

こいつは2002年くらいに販売されていたホンダのモビリオです。

この後に出た後期モデルやモビリオスパイクではなく、この初期モデルのゆるさが僕は大好きです。

3台の中でも低燃費になるのでコスパはいいかもしれませんね。

雑誌などで、ゆるいクルマとして取り上げられていないのがちょっと不思議なくらい。

僕は相当ゆるいクルマだと思ってるのですがいかがでしょうか?

 

最後に

車買い替えの選択肢として「ゆるいクルマ」を提案してみましたがいかがでしたでしょうか?

僕みたいな「車”も”好き」程度のレベルの人には、車買い替えの際に「ゆるいクルマ」という選択肢は

ありなんじゃないかと思います。

おしゃれに家族と乗れる車として上記の3台を上げてみましたが、車に詳しい人なら他にもまだまだ、

「ゆるいクルマ」を知っているかもしれませんね。

ちなみに上記の3台は鉄ちんタイヤが似合うと言う条件も含んでいます。

鉄ちんタイヤ無骨でかっこいいですよね。僕も前車には鉄ちんを履かせていたくらい鉄ちんファンです。

 

更にメンテンンスが苦にならないようであれば、もっと大きな車や外車、もう少し年式をさかのぼって、

80年代や90年代の車まで視野に入れると三菱のデリカやマツダのボンゴフレンディなども

相当ゆる〜いクルマかもしれませんね。

ゆるいクルマはコスパは考えず、とにかく好きで選ばなければいけません。

まずは今、自分が乗っている車がいくらで売れるか調べてみるのもいいかもしれませんね。

それではまた〜

 








  • SUKE-TO(スケートゥー)と言います。

    ■2013年8月よりスケボー情報を発信するブログとしてスタートしました。

    ■2017年7月よりスケボーの他、ピストバイク、ファッション、映画のことなどあれこれ書くブログへと路線変更しました。

    詳しいプロフィール・お問い合わせ>>

PAGE TOP ↑