五月病?一つの仕事に執着することないんじゃない?スケーターの感性を生かして転職もしくは複数の仕事をする

公開日: コラム

LINEで送る
Pocket

転職・複数の仕事を掛け持ち「スケーターの感性を生かした職業まとめ」

man-932840_640

スケボーは好きだけど、やはりスケボー関係の仕事で飯を食って行くのってなかなか難しい。

ましてやプロスケーターなんて・・・

実力もないし日本じゃなかなか・・・

海外では更に競争率は高く半端なスキルじゃ難しい・・・

そうなると不本意ながらも、いずれは就職して何らかの職業につなくちゃ〜ならいのが現実。

ましてやゴールデンウィークが過ぎ去ったこの時期は五月病というものに襲われる人も・・・

オレの人生このままでいいのか?

こんなはずじゃなかった・・・

そんな悩めるスケーター諸君に贈る「スケーターの感性を生かした職業まとめ」。

スケートカルチャーに取り憑かれた人なら解ると思うのですがスケボーって感性が磨かれるもの。

なぜなら周辺には音楽、映像、写真、デザイン、建築設計など、

スケボーしてるとこれらのものに否応無しに触れる機会が多くなるからです。

だから自分の可能性をもう少し信じて選択枠を広げてみてもいいのではないかと思うのです。

今の仕事に満足できなければ一つの仕事に執着せず、2足、3足のわらじでもOK!

または転職してしまっても良いですね。

逆に今の時代、いきなりの会社倒産もありえるし、終身雇用なんて考えでいると取り残されてしまいますよ。

それなら自分の可能性を求めて一歩を踏み出した方が得策です。

あのホリエモンもこんなことを言ってます。

 

労働力もシェアされる時代になる。

一つの仕事ではなく、複数の仕事を掛け持ちして時間分割する働き方が当たり前になると思う

出典:http://u-note.me

 

自分のやりたいこと、興味があること、好きなことがあるならさっさとチャレンジしましょう!

僕も若い頃にスケート仲間で着るTシャツやステッカーを作っているうちにデザインに触れまして

現在はスケボーを楽しむ傍らグラフィックデザインやWeb制作の仕事をしております。

そして近年はこのブログも運営中。

やりたいことがないって人は「どんなワークスタイルが理想なのか?」

そこから考えてみるのをおすすめします。

例えば、スケボーしたいから早く終わる仕事がいいとか、電車通勤はイヤだとか。

あとは生まれてから自分のことをず〜っと見てきた親に聞いてみるとか、

もしくは転職のプロ「マイナビエージェント」の無料転職支援サービスして利用してみるのも良いかもです。

 

Sponsored Link

「スケーター+〇〇」転職、もしくは複数の仕事を持つプロスケーター

photo by kynan tait

photo by kynan tait

ご存知の方も多いと思いますが、プロスケーターでもスケーター以外の仕事を持っている人はたくさんいます。

もしくは転職転身した人。

そんな人達を僕が思い浮かぶ範囲でピックアップしてみました。

 

ミュージシャン

トミー・ゲレロ

レイ・バービー

 

フォトグラファー

エド・テンプルトン

アルト・サーリ

レイ・バービー

ベン・ゴア

 

デザイナー

スコット・ジョンストン(シューズデザイナー)

アレキサンダー・リーチャン(グラフィック・ファッションデザイナー)

田口 悟(アパレルブランド チャレンジャー デザイナー)

 

アーティスト・イラストレーター

マーク・ゴンザレス

スティーブ・キャバレロ

ランス・マウンテン

 

ディレクター・プロデューサー

エリック・コストン(アパレルブランド フォースター創始者)

ジェイソン・ディル(アパレルブランド ディレクター)

江川芳文(アパレルブランド ディレクター)

岡田晋(アパレルブランド プロデューサー・ディレクター)

 

その他

マイク・バレリー(プロレスラー・アイスホッケー選手)

ジョン・カーディエル(ピストバイク乗り・レゲエDJ)

ジェイソン・リー(俳優)

クリスチャン・ホソイ(牧師)

 

まとめ

上記の例はあくまでプロスケーターという意味でのくくりですが、

プロじゃなくてもスケーターから転職転身という意味だともっとたくさんいると思います。

「スパイク・ジョーンズ」は元々はスケボー少年でゴンズ達を撮影していたフィルマーでした。

それが今では世界中で名の知れた映画監督です。

日本では渋谷裏原カルチャーのドン「藤原 ヒロシ」さんとか

アパレルブランド ダブルタップスの「西山 徹」さんとかです。

というわけでプロ、アマ問わずスケーターという人種には才能ある人達がたくさんいるということです。

しかしながらその才能を発揮することなく日々やりたくない仕事をしている人達を私はたくさん知っています。

いわゆる埋もれてしまった才能です・・・

これってとてももったいないことです。なんだか悔しいです!

是非とも今一度、自分のことを掘り下げて才能を磨いてほしいと思います。

何から始めたらいいか解らない人は「マイナビエージェント」で転職のプロに相談してみるのもおすすめ。

転職支援サービスは無料で利用できるので申し込んでおいて損はなし。

是非この機会に自分の仕事やワークスタイルについて見つめ直してみてはいかがでしょうか。

LINEで送る
Pocket


Sponsored Link

合わせて読みたい記事

世界中を覆う人の網の目の中で誰かの役に立つこと

  「君たちはどう生きるか」というマンガを読んだ。 最近、本屋さんに行くと目立つコ

記事を読む

特別なことじゃない日常をクリエイティブに過ごすこと

子供とレゴで遊んでいたら、僕がWebデザインを初めた頃に聞いた、 ある偉い先生の言葉を思い出し

記事を読む

オーリーができなきゃだめ?僕らはあまりにも常識に囚われ過ぎている

スケートボードはオーリーできなくても楽しめますよいや〜スケートボードって難しいよね。初めてのスケート

記事を読む

今の俺はギターを集めるギタードッグだ

  何かの記事で読んだんだけどここ数年ギターの売上が下がっているらしい。 昨今の打

記事を読む

ロックかロックじゃないか

  おじさんになっても未だ団体行動が苦手な僕です。 この歳になるまで必要最小限の人

記事を読む

古いと新しいのグラデーションを見て何だか寂しくなっちゃった

  今日は朝からメールのチェックも早々に散歩に出掛けた。 最近、運動不足だけど激しく体

記事を読む

遠くの偉人より横丁のオヤジやオバさんの方が凄いんじゃないか?!

  この間、埼玉にある「玉川温泉」というところに行って来た。 この温泉は昭和レトロ

記事を読む

昭和ノスタルジー「僕のスケートボードはデパートで買ってもらった偽物から始まった」【小学生編】

イトーヨカドーで買った猛牛の絵のスケートボード今から遡ること29年前の1987年。僕は10歳のわんぱ

記事を読む

無感情に成り下がった大人も火付いちゃうよ!パンクロック・ヒーロー「横山健」

  90年代をメインストリームに背を向けて過ごしてきたコアな人達には 「ハイスタン

記事を読む



〜お知らせコーナー〜

一緒にスケボーしませんか?>>


SUKE-TOってそもそも何?>>


最後まで読んでくださりありがとうございました。スケボーを通してたくさんの人達と繋がれたらと思っています。
よろしければSNSでフォローをお願いします (^^)







PAGE TOP ↑