トリックのアルゴリズムでスケボーをデータ化する

公開日: スケボー情報

スクリーンショット 2014-03-06 11.17.53

現在ランナーやフィットネスマニアはスマートフォンを経由してトレーニングなどの

進歩状況をデータ管理することができます。しかしエクストリームスポーツはどうでしょう?

Krackは、ランニングや他のタイプの運動でデータをうまく取得することが出来たので、

これと同じ方法でスケボーをデータ化しようとしています。

このようにする為には、デッキの動きをとられる為のセンサーを取り付ける必要があります。

初期の段階としてトラックベースに対してジャイロスコープ、加速時計と磁力計を

ケースに入れて直接デッキに取り付けることにしました。

このアイデアはシンプルなようでありますが、スケボーのトリックはいつも同じわけではありません。

180でさえ必ずしも、いつもきっちり180度回るわけではありません。

このことから「トリック認知アルゴリズム」を開発することは簡単なことではないのです。

9歳の初心者のオーリーと何十年もスケボーをしてきたベテランのオーリーとでは全く異なります。

これを最適化する為に試行錯誤しながら取り組んでいて、チームにとって大きな課題のようです。

スクリーンショット-2014-03-06-11.51.51

データはスマートフォンのアプリで管理されます。

他にもSNSで仲間と繋がったり、スケートスポットを探したりも出来るようです。

Krackのサイトからプロトタイプのテストに応募できるようです。

———————————————————————————————————————–

Krack:http://krack.co/

———————————————————————————————————————–

 








  • SUKE-TO(スケートゥー)と言います。

    ■2013年8月よりスケボー情報を発信するブログとしてスタートしました。

    ■2017年7月よりスケボーの他、ピストバイク、ファッション、映画のことなどあれこれ書くブログへと路線変更しました。

    詳しいプロフィール・お問い合わせ>>

PAGE TOP ↑