スケボートリック:バックサイドボードスライドの練習方法

公開日: スケボートリックHow To

3263656309_11ccddf8cf_z

Photo by: milksss

スケボートリックhow to グラインド&スライド系⑤【バックサイド ボードスライド】

様々な場面で応用可能なボードスライド。

ロックンロールスライド、またはレールスライドとも呼ばれている。

レールに対してデッキの中央部分でスライドするトリックだ。

デッキがレールからすっぽ抜けたり、体が前のめりにつんのめってしまわないように、

レールに乗ったら上半身はレールに対して垂直にし、お尻を軽く後ろに突き出すようにして、

頭でバランスを取るようにして滑ろう。

 

Sponsored Link

<バックサイド ボードスライドの形とスタンス>

ロックンロールスライド

レールに対して前足側から掛けて、デッキの中央部分でスライドする。

 

<練習方法>

●最初は低いレールで練習しデッキが横向きに滑る感覚をマスターしたら

徐々に高さのあるレールにチャレンジして行こう。

●ビビって足だけレールに乗せようとすると、うまく乗れない。体を完全にレールの上に乗せよう。

●レールに乗るがうまく滑れないときは、進入角度が急すぎないか?

レール上で両足にバランス良く加重できているか?スピードが遅すぎないか?チェックしてみよう。

 

bd_slide1

①広めのオーリースタンスで前足はビスの上くらいに置き準備。

②狙ったポイントでテールを蹴って、オーリー足でデッキをコントロールする。

③前足のウィールがレールを越えたところでデックを踏み込み上半身を正面に向ける。

④デッキと地面を水平にして両足で均等にバランスを取る。

bd_slide2

⑤滑っている間は頭とお尻の位置で前後のバランスを取り、降りるポイントを確認する。

⑥レールから降りるポイント近づいてきたら前足を前に押し出すようにする。

⑦下半身を回してレールを抜け、上半身でバランスを取る。

⑧4輪同時に着地し、上半身の体勢を整えてメイク。

 

<参考動画>

 








  • SUKE-TO(スケートゥー)と言います。

    ■2013年8月よりスケボー情報を発信するブログとしてスタートしました。

    ■2017年7月よりスケボーの他、ピストバイク、ファッション、映画のことなどあれこれ書くブログへと路線変更しました。

    詳しいプロフィール・お問い合わせ>>

PAGE TOP ↑