誰かに悩みを話しマインドリセット!「キングダム」のモウゴウ将軍で答え合せ

公開日: コラム/エッセイ

 

夫婦でNetflixで配信中の「キングダム」にはまっています。

作品名は知っていたものの原作マンガも読んだことがなく、

たまたま観始めて、これがやめられない、とまらないで困ってる(笑)

元々、中国の歴史物は好きで横山光輝の「三国志」や「項羽と劉邦」などは何度も読んだ口。

このキングダムはそれよりも前の春秋戦国時代の秦の中華統一を描いた作品。

後の秦の始皇帝で中華統一を目指す秦の大王「政(セイ)」と

大将軍を目指す下僕出身の「信(シン)」のサクセスストリーを描いている。

どこまで史実に沿っているかは解らないが、全てのキャラクターそれぞれの個性が際立っていて、

どことなく「北斗の拳」のような雰囲気もあり、おっさん世代にはとても観やすく感じる。

まだ全話見終わってはいないのだが、第2シリーズの16話がなんだか最近自分が思ったことと

シンクロしていたんだよね。

 

Sponsored Link

じいさんにもなって悩みがあるのか〜

秦が魏に攻め込む中で秦の総大将「蒙驁(モウゴウ)」将軍は一度も勝ったことのない相手、

猛将「廉頗(レンパ)」将軍と戦わかなけばならなくなる。

あぁ〜嫌だな〜と、モウゴウ将軍は現実逃避の為、一般兵に化けて夜の陣内をうろついていると

夜食を調達しにきていたシンと出会う。

シンはモウゴウが自軍の総大将とは知らず語り合うのだが、

ここでモウゴウがシンに自分の悩みを打ち明ける。

するとシンが「じいさんになっても悩みがあるのか〜」

モウゴウ「そりゃ〜あるわい!年期が入っている分深刻じゃぞ〜」と

そしてモウゴウは純粋で前向きなシンのアドバイスによりマインドリセットすることになる。

キングダムのモウゴウ将軍がシンに悩みを話すシーン

 

悩んでいるなら誰かに話してみよう

僕もシンが思ったように「じいさんになっても悩みがあるのか〜」と思った。

大将軍にも悩みがある。それを見ず知らずの子供に話すモウゴウの懐の深さも凄いが、

僕はなんだかそんなモウゴウに答え合わせをしてもらった気がした。

 

僕もそれなりに悩みはあるがあまり深く考え込むタイプではなく、

ましてやそれを人に相談することはほとんどない。

それがたとえ一番近い存在の自分の妻であってもだ。

でもこの前ふと妻に今の自分の状況を話してみたんだ。

僕の妻はそれに対してアドバスをするわけでもなく、ただ聞いているだけなんだけど。

不思議と人に話していると自分の気持ちの整理や自己分析ができてくる。

 

不安な時って得てして自分を卑下したり自分はダメな人間だと思いがちだけど、

よくよく考えみたら自分は捨てたもんじゃない!

今までの勝率は8割!もっと自信を持て大丈夫だ!と思えてきたんだ。

最終的に勝手に自己肯定感に満ちあふれた、おめでたい男なんだけど(笑)

これからは悶々としている時は、妻に色々話してみようと思ったよ。

まぁ特にアドバイスはもらえないけどね(笑)

それが僕にとっては逆にいいのかもね。

悩みを妻に話してマインドリセットした話しでした。

 

 








  • SUKE-TO(スケートゥー)と言います。

    ■2013年8月よりスケボー情報を発信するブログとしてスタートしました。

    ■2017年7月よりスケボーの他、ピストバイク、ファッション、映画のことなどあれこれ書くブログへと路線変更しました。

    詳しいプロフィール・お問い合わせ>>

PAGE TOP ↑