【スケーター名鑑】ジェイミー・トーマス「過激なスケボー軍団ZEROの親玉」

公開日: スケーター名鑑

photo by foxxyz

photo by foxxyz

名前:JAMIE THOMAS(ジェイミー・トーマス)

生年月日:1974年10月11日

出身:アラバマ州 ドーサン

スポンサー:ZERO Skateboards, Thunder trucks, Fallen Footwear

ZERO JAMIE THOMAS 商品一覧>>


 

スケーター名鑑シリーズとして書いていこうと思います。

第一弾は「ジェイミー・トーマス」です。

今でももちろん活躍していますが、僕が彼にお熱だったのは今から11年ほど前です。

彼が来日した時、デモ終了後にデッキにサインをもらったことがあります!

僕は、なみいるキッズ達をかき分けてジェイミーに到達しました。

彼は笑顔で僕のデッキにサインしてくれました。

しかも私が当時使っていたのがZEROのデッキでしたので、それを見た彼は僕に向かって何か言っていました。

「ワァーオ・・・」多分、「ありがとよ。頑張れよ。」みたいなことだと思います(笑)

周りからは、「いいな〜」や「俺もデッキ持ってくりゃ良かった」などの声が上がってました。

 

少し話しは逸れましたが、ジェイミー・トーマスはスケートチーム「ZERO」を設立したカリスマスケーターです。

当時の僕はZEROの過激で硬派なチームスタイルが大好きでした。

ZEROのライダーのスタイルは過激の一言。

でっかいステア(階段)にバンバン突っ込みメイクする。

とにかく過激なところに惹かれていたんだと思います。

 

そしてZEROのチームスタイルはロック!

当時はヒップホップとのクロスオーバースタイルでダボダボのズボンにデカいTシャツみたいなスタイルが多い中、ZEROは硬派なロックスタイル。

昔ながらのスケートボードのスタイルを引き継いでいるようでかっこ良かったのです。

 

チームメイトには「エイドリアン・ロペス」や「マッド・マンフォード」「ジム・グレコ」など渋くてロックな奴が在籍してました。

当時を思い出しながら書いてみた「スケーター名鑑」でした。

 

 








  • SUKE-TO(スケートゥー)と言います。

    ■2013年8月よりスケボー情報を発信するブログとしてスタートしました。

    ■2017年7月よりスケボーの他、ピストバイク、ファッション、映画のことなどあれこれ書くブログへと路線変更しました。

    詳しいプロフィール・お問い合わせ>>

PAGE TOP ↑