【スケーター名鑑】ダニー・ウェイ「スケボーの限界そして人間の限界を超えた男」

公開日: スケーター名鑑

LINEで送る
Pocket

photo by wZa HK

photo by wZa HK

名前:Danny Way(ダニー・ウェイ)

生年月日:1974年4月15日

出身:オレンゴン州 ポートランド

スポンサー:Plan B, DC Shoe Co., Independent, Spy Optics, Nixon, RDS, Capix, Reflex, Ramp Logic

>>DC SHOESの商品をチェック!

 


 

1989年、14歳でデビューした神童「ダニー・ウェイ」。

数々の偉業を成し遂げて来た世界一のスケーターであることは承知の事実。

中でも2003年にスケボー界を震撼させた通称メガランプは誰もが度肝を抜かれた大事件だった。

今回のスケーター名鑑はスケボーの限界、そして人間の限界を超えた

ダニー・ウェイに迫ってみよう。

 

Sponsored Link

ダニー・ウェイの幼少期

ダニーはいわゆる一般的な家庭で育ったが、父親を早くに亡くし、

そして2人目の父親代わりであった男性も亡くしていて、早くから死というものを身近に感じていた。

このことが一歩間違えば死という、前人未到の偉業を成し遂げたことと繋がっていたかは定かではない。

スケボーは4歳から始め、DCの創業者である兄のデイモン・ウェイと一緒に滑っていた。

そして11歳の時にコンテストで初優勝しホソイ・スケートボードとビジョンからスポンサーされる。

その後、14歳の時にパウエル・ペラルタ ボーンズ・ブリゲードのアマチュアとして

伝説のスケボービデオ「パブリック・ドメイン」に出演する。

14歳にしてこの滑り!天才としか言いようがありません!

 

H-StreetからPlanBへライダーの引き抜き合戦

パウエルからH-Streetに移籍したダニーはバートランプコンテストで優勝を飾り、

スター街道を爆進していきます。当時のH-Streetにはエディ・エルゲラを筆頭に

少年時代のエリック・コストンも所属していました。

しかし1990年にはゴンズのチーム「Blind」に移籍するも、H-Streetで同じチームメイト

であった「マイク・タナスキー」が「Plan B」を設立。

そこにダニーも参加することになるのです。

マイク・タナスキーはH-Streetはもとより様々なチームからスタースケーターを引き抜きます。

ダニー・ウェイ、コリン・マッケイ、ロドニー・ミューレン、リック・ハワード、マイク・キャロルなど

こうしてドリームチームを作り上げたのです。

しかしその後、マイク・タナスキーは事故で命を落とし、柱を失ったPlan Bは崩壊して行くのです。

追い打ちをかけるようにリック・ハワードとマイク・キャロルは半ば、バックれる形でPlan Bを離れ

「Girl」を設立。多くのライダーたちがクモの子を散らすように去って行ったのです。

残されたダニーは盟友のコリン・マッケイと共にPlan Bを支えたがその甲斐なくチームは終わりを告げます。

※Plan Bは2005年にダニーとコリンで会社の権利を得て再始動しました。

 

DCシューズが産声を上げる

そんなゴタゴタがあった後の1993年。

兄であるデイモン・ウェイとケン・ブロックが立ち上げたDCシューズにコリンと共に参加するのです。

ダニーとコリンはDCの広告塔としてDCの知名度をどんどん上げて行いきます。

クロージングブランドから派生したDCはみるみるスケボー界の階段を駆け上がっていくのです。

当初、DCの人気はすぐに廃れていくとの声が多かったようですが、

それとは裏腹に数々のスタースケーターがDCに参加していくのです。

リック・ハワード、マイク・キャロル、ジョシュ・キャリシュ、ロブ・デューディックなどなど、

DCの人気は衰えるどころか更に上がっていったのです。

>>DC SHOESの商品をチェック!

 

ダニー・ウェイの凄さは伝説が一つだけではないところ

一歩間違えば死もあり得る・・・

常にスケボーの枠を超えた挑戦をしてきたダニー・ウェイ

スケボーの限界、人間の限界を超えて成功させてきた彼の偉業を見てみよう。

  • 今でも一部のスケーターしかできないメガランプの先駆者
  • ヘリコプターからメガランプへのドロップイン
  • 万里の長城を飛び越える

他にもXゲームスでの優勝やスケーターオブザイヤーなどありますが、

特にスケボー界を震撼させ、度肝の抜いたのは上記のもだと思います。

そして彼の偉業をドキュメンタリーにしたのが「DC SHOES- WAITING FOR LIGHTNING」。

残念ながらDVDやブルーレイは発売されてません。

誰か日本語化して発売してください!

 

まとめ

最後に「DC SHOES- WAITING FOR LIGHTNING」のトレイラーより

メッセージを紹介したいと思います。

 

一番になりたきゃ誰もしない事をするんだ

万里の長城を飛ぶって?

滑る先は前人未到だ

プッシュしたらもう戻れない

ダニー・ウェイの人格はあまり知られていない

よくある育ち方さ父親が死んで代わりの父親も死んだ

あの子達の家庭は何が起きるかわからなかった

消えない傷を負ったらどうする?

危ない事を始めるわ

憎しみに全てをぶつけてた

勝つためなら何でもするヤツらがいた

そしてスポーツを進化させるヤツらもいた

ウソだろ?ヘリからランプに入る?

もはや新しいモノが 必要だった

無茶なヤツだ

見た事もないヤツだ

ライフワークだ

度胸とバーチカルとストリートの集大成さ

ダニーの天職だよ一目瞭然さ

スケートは孤高なんだ生涯誇れるから勲章すら得られる

向上心の塊さ

誰も彼には適わないよ

壮大なる旅

万里の長城に着いた時は

面食らったよ

自殺する気か?

この場所はスケートの記憶を破るのにふさわしい

これができるのはひとりだけだ

始まりは不可能な夢

間違って横に落ちたらそれで終わりだ

スケートの次元じゃない生死を賭けたスタントだ

死もあり得る

地響きが聞こえるよ

大変だ

伝説が生まれる

大地を裂くような人生を送りたい?

それは危険だらけで挑戦もあり絶望もある

そこはダニーの居場所だ

死への恐怖を克服したとき悟るのさ

何だって可能だと

 

このメッセージは熱すぎて涙が出てくる人もいるんじゃないでしょうか?

壁にブチ打ち当たっている人。何かを成し遂げたいと思っている人。

そんな人達の魂を揺さぶってくれるメッセージです。

 

LINEで送る
Pocket


Sponsored Link

合わせて読みたい記事

【スケーター名鑑】アンドリュー・レイノルズ「スケボーの源流を貫く最後の大物」

photo by foxxyz[/caption]名前:Andrew Reynolds(アンドリュ

記事を読む

【スケーター名鑑】レイ・バービー「ストリートに革新的スタイルを持込んだスケボー界の表現者」

photo by Janteloa[/caption]名前:Ray Barbee(レイ・バービー)

記事を読む

【スケーター名鑑】ガイ・マリアーノ「表舞台から何度も姿を消したがやっぱり彼にはスケボーしかなかった」

photo by kynan tait[/caption]名前:Guy Mariano(ガイ・マリ

記事を読む

【スケーター名鑑】ジェイミー・トーマス「過激なスケボー軍団ZEROの親玉」

photo by foxxyz[/caption] 名前:JAMIE THOMAS(ジェイミー・

記事を読む

【スケーター名鑑】トニー・ホーク「スケボー界史上最も成功したスケーター」

photo by Victor Solanoy[/caption]名前:Tony Hawk(トニー

記事を読む

【スケーター名鑑】ランス・マウンテン「スケボーを誰でも楽しめるものと証明した男」

photo by KelsaaCPH[/caption]名前:Lance Mountain(ランス

記事を読む

【スケーター名鑑】ジョン・カーディエル「まるでエネルギー塊がスケボーしているようだ!」

photo by Ju Chang[/caption]名前:John Cardiel(ジョン・カー

記事を読む

【スケーター名鑑】ロドニー・ミューレン「数々のトリックを生み出したスケボーの神様」

photo by poptech[/caption] 名前:Rodney Mullen(ロド

記事を読む

【スケーター名鑑】クリスチャン・ホソイ「80年代にスケボー界を席巻!今尚彼の崇拝者は多い!」

photo by Sofía Salom[/caption] 名前:Christian Ho

記事を読む

【スケーター名鑑】マイク・キャロル「スケボーカンパニーGirlの創始者」

photo by fred zilla[/caption]名前:Mike Carroll(マイク・

記事を読む



〜お知らせコーナー〜

一緒にスケボーしませんか?>>


SUKE-TOってそもそも何?>>


最後まで読んでくださりありがとうございました。スケボーを通してたくさんの人達と繋がれたらと思っています。
よろしければSNSでフォローをお願いします (^^)







PAGE TOP ↑