ストリートカルチャーを描いた漫画「TOKYO TRIBE」がついに実写化!

公開日: アート&カルチャー

スケボーの直接的な情報ではありませんが、ストリートカルチャーということで紹介させてください。

累計250万部を超える井上三太原作漫画「TOKYO TRIBE」がついに実写化されました!

ストリートカルチャーをバイオレンスかつファッショナブルに描いた伝説的漫画「TOKYO TRIBE」は

1997年代から2005年まで連載され、世界中で多くのファンを掴んできた人気漫画です。

原作のストーリーは以下の通り。

伝説のシブヤ暴動から5年。依然トーキョーにはいくつものトライブ(族)が存在していた。

少年たちは徒党(=トライブ)を組み、各々の町を縄張りとし日々を生きている。

トライブのひとつ、ムサシノSARUのメンバーである主人公・出口海(でぐち かい)も、

いつものように仲間達との変わりない日々を送っていた。

そんな中、かつて海の親友だったメラが率いるトライブ、ブクロWU-RONZの手によって

SARUのメンバーが凄惨な死を迎える。穏健派であるリーダーのテラは暴力による事態の解決を

禁じたものの、そのテラ自身もメラの手によって殺害されてしまう。

テラの意思を尊重し戦いを拒む海と、報復を唱える強硬派。

生み出された火種は再びトーキョー中を巻き込んだ抗争へと発展していく…。

出典:ウィキペディア

今回の実写化にあたり、監督・脚本に鬼才「園子温」を迎え、キャストにはチョー豪華俳優人が名を連ね、

「TOKYO TRIBE」の世界をスクリーンに映し出してくれました。

メラ役には連続テレビ小説「花子とアン」への出演で話題を集める若手俳優「鈴木亮平」。

カイ役にはオーディションを勝ち抜いたミュージシャンを本業とする「YOUNG DAIS」。

謎めいたヒロイン・スンミ役には「清野菜名」。

その他、佐藤隆太、市川由衣、中川翔子、叶美香、染谷将太、でんでん、窪塚洋介、竹内力とチョー豪華!

そしてドイツをはじめとしたヨーロッパ各国でセールスされ、続々と海外配給も決定しています。

日本での公開は8月30日(土)から新宿バトル9ほか全国ロードショー!

この夏、熱いトーキョーバトルをお見逃しなく!

 

 


Sponsored Link

合わせて読みたい記事

昨年30周年を迎えたスクリーミングハンド。影響受けてこんなの作ってみました・・・

30年前にジム・フィリップスが産み出した「スクリーミングハンド」の影響力昨年30周年を迎えた「サンタ

記事を読む

失われたドキュメンタリー映画「Concrete Jungle」ヒップホップとスケボー

ヒップホップとスケボーについて描かれたドキュメンタリー映画「Concrete Jungle」の紹介で

記事を読む

REDカメラ×BERRICSコラボ企画”REDirect”第十一弾「ラッセル・ホーテン」

ハリウッド映画でも採用されている高機能カメラ「REDカメラ」とTHE BERRICSのコラボ

記事を読む

一時代を築いたスケボーブランド「ワールドインダストリーズ」と「ブラインド」設立秘話を覗いてみよう

スケボー史には数々の伝説的カンパニーが存在します。今回はその中でも「World Industries

記事を読む

俺とパンクロックとスケートボード

パンクロックとスケートボードは兄弟のような存在今まで何故パンクロックについて書かなかったのか不思議な

記事を読む

【好きなことやってたら世界的映画監督に!】スパイク・ジョーンズ映画「her」からスケートビデオ「Video Days」まで

スパイク・ジョーンの軌跡 オスカー受賞作品映画「her」コンピューターに恋する未来を僕らはどれだけ

記事を読む

スパイク・ジョーンズ監督の最新映像作品apple「HomePad」のCM

スパイク・ジョーンズ監督appleの新商品「HomePad」のCMを公開 スパイク・ジョーンズ監督

記事を読む

「スケボー×ジブリ?」スパイク・ジョーンズ来日!ジブリ鈴木敏夫Pより直筆メッセージ受け取る

いきなりメジャー感のある話題です。 スケボーとジブリ・・・なかなか共通点のないこの2つ

記事を読む







  • SUKE-TO(スケートゥー)と言います。

    ■2013年8月よりスケボー情報を発信するブログとしてスタートしました。

    ■2017年7月よりスケボーの他、ピストバイク、ファッション、映画のことなどあれこれ書くブログへと路線変更しました。

    詳しいプロフィール・お問い合わせ>>

PAGE TOP ↑