驚異の14歳”トム・シャール”Xゲーム2014ビッグエアー【金メダルへの野望】

公開日: スケボー情報

スクリーンショット 2014-05-15 10.59.41

先日GrindTV.comにXゲーム ビッグエアーの金メダル候補「トム・シャール」のインタビュー記事が掲載。

彼のビッグエアーに挑戦するまでの経緯などが紹介されています。

「トム・シャール」は2012年のXゲーム ビッグエアーの最年少金メダリストとして注目を集めました。

当時12歳の若さで、あの大舞台で、Xゲーム史上初の1080(三回転スピントリック)を決めた若き才能です。

あれから2年、今年の「X Games Austin 2014」ビッグエアーでも金メダル候補として注目を集めている。

ビッグエアーといえば「ボブ・バーンクエスト」という名前が直ぐに上がってくると思うが、

既にそんなビッグネームとも肩を並べる競合相手として、地位を確立しているところも彼の凄さである。

そして、それがまだ今年、若干14歳というから驚かされる。彼の恐怖遺伝子と才能は発展途上ということなのでしょうか?

さて今年のXゲームではどんな滑りを魅せてくれるのか、今から楽しみです。

 

<Xゲーム2012 Xゲーム史上初1080成功>

 

 








  • SUKE-TO(スケートゥー)と言います。

    ■2013年8月よりスケボー情報を発信するブログとしてスタートしました。

    ■2017年7月よりスケボーの他、ピストバイク、ファッション、映画のことなどあれこれ書くブログへと路線変更しました。

    詳しいプロフィール・お問い合わせ>>

PAGE TOP ↑