59/59ページ

59/59ページ
  • 2013.07.22

スケボートリック:360オーリーの練習方法

スケボートリックhow to フラットランド系⑥【360オーリー】 このトリックでまず大切なのはスタンスだ。 フロントサイドに回転するときは、つま先をデッキから少しはみ出す感じで前足を置くと デッキをコントロールしやすくなる。 180と同じようにアプローチするのだが、テールを蹴る前から上半身を回転方向と 逆に十分に振っておくことがポイント。 ピークの高さで270度、そこから着地までに90度という感 […]

  • 2013.07.22

スケボートリック:ハーフキャブの練習方法

スケボートリックhow to フラットランド系⑤【ハーフキャブ】 ハーフキャブはフェイキーからお腹側に180度回転するトリックだ。 スタンスは、ほぼオーリーと同じか、前足のかかとが若干デッキからはみ出す感じで、 フェイキー方向からオーリーと同じようにヒザを曲げてスタンバイ。 180度オーリーと同じように上半身の振りで回転のタミングを取ってテールを蹴る。 テールの蹴り方は進行方向に向かって押し込むよ […]

  • 2013.07.22

スケボートリック:バックサイド180の練習方法

スケボートリックhow to フラットランド系④【バックサイド180】 バックサイド180は見えない方向に回るのである程度、度胸が必要。 フロントサイドと違うのは、下半身だけでコントロールすることが難しいという点だ。 上半身でのコントロールが重要になってきます。 やみくもにテールを蹴ってもデッキが飛んで行ってしまう。 しっかりと着地点に目標を定め、広めのスタンスで上半身から先に回転するようにテール […]

  • 2013.07.19

スケボートリック:フロントサイド180の練習方法

スケボートリックhow to フラットランド系③【フロントサイド180】 3Dトリックの世界へようこそ。 スピン系はオーリーの基本をマスターすれば必ず出来るトリックだ。 初めは低くて当たり前なので、焦らず確実に回れるように練習しよう。 まずはフロントサイドの180。背中側に180回る。 やや広めにスタンスを取り、テールを蹴るタイミングを取る。 テールを蹴る瞬間に肩を後方に振り、腰、ヒザ、足首の順に […]

  • 2013.07.19

スケボートリック:ノーリーの練習方法

スケボートリックhow to フラットランド系②【ノーリー】 ノーリーはオーリーの飛び方とは違い、ノーズを蹴って飛び上がるのがノーリーだ。 デッキを自由自在に操る事が出来れば、楽しめる幅も広がってくるので、オーリーのバリエーションは 全部、出来るようになってほしいと思う。 進行方向はオーリーと同じで、ノーズを地面にヒットさせる。 ノーズの蹴り方に特徴があり、オーリーと同じようにテールを蹴ってはダメ […]

  • 2013.07.19

スケボートリック:オーリーの練習方法

スケボートリックhow to フラットランド系①【オーリー】 オーリーが出来るようになると、圧倒的にスケボーが楽しくなる。 オーリーでマンホールやカラーコーン、階段などを越えて行くところを想像すると テンション、アゲアゲ。これこそがスケボーの醍醐味! オーリーは誰でも練習すれば必ず出来ます。 どんな一流のスケーターでも初めからクールなオーリーが出来たわけじゃない。 日々の練習の積み重ねが一番大事な […]

1 59