ステューシー代官山に帰還!この場所にあると30代にはしっくりくるね!

公開日: アート&カルチャー

スクリーンショット 2014-07-22 10.13.55

 

サーフ、スケート、ミュージック、グラフィティーカルチャーをインタラクティブに繋げ、

世界的なムーヴメントを巻き起こした〈ステューシー(STUSSY)〉。

その勢いは留まるところを知らず、今日では〈STUSSY Livin’ GENERAL STORE〉などといった、

より上質で洗練されたレーベルを掲げ、もはや”マス”から”コア”までを網羅するビッグブランドとして

成長を遂げています。その〈ステューシー〉が各都市に構える支部、”CHAPT(チャプト)”の

第1号店だった代官山店が、再び帰ってきました!

というわけで、フイナムはそのオープニング前日に行われたレセプションに潜入し、

SNAP撮影を敢行。溢れんばかりの人、人、人、その模様をフォトレポートでお届けします。

ソース:STUSSY DAIKANYAMA is BACK!! 〜ステューシーが代官山に帰って来た!〜

 

私たち30代にとってみればステューシーといえば代官山というのがしっくりきます。

そのステューシーが再び代官山に帰ってきたというから、なんだかワクワクしますね。

10代〜20代のころ原宿、渋谷を回って代官山で締める。

これがお決まりのファッションストリートだったという方も多いはずです。

なんだかあの青臭い青春時代が帰ってきた感じすらしています。

そんな中、最近スケボーをしていると実に30代、40代以上のスケーターを頻繁に見かけます。

調査をしたわけではないのですが、再びスケボーに戻ってきた大人たちが増えているのを肌で感じるのです。

その大人達のファッションは実にカッコ良く、オールドスクールであったり、シンプルなTシャツと

ハーフパンツスタイルと、昔の名残りなのか?かなりのオシャレおじさんが多いのです。

最近のステューシーも、若者世代だけでなく、もう少し上の年齢層、いわゆるおじさん世代でも着れる

洗練されたデザインのものも登場していますので、スケートファッションに取り入れてみてはどうでしょうか?

また、子供服なども取り扱っているので、親子でステューシーでキメるのも悪くないですよね。

 

 








  • SUKE-TO(スケートゥー)と言います。

    ■2013年8月よりスケボー情報を発信するブログとしてスタートしました。

    ■2017年7月よりスケボーの他、ピストバイク、ファッション、映画のことなどあれこれ書くブログへと路線変更しました。

    詳しいプロフィール・お問い合わせ>>

PAGE TOP ↑