ステューシー代官山に帰還!この場所にあると30代にはしっくりくるね!

公開日: アート&カルチャー

LINEで送る
Pocket

スクリーンショット 2014-07-22 10.13.55

 

サーフ、スケート、ミュージック、グラフィティーカルチャーをインタラクティブに繋げ、

世界的なムーヴメントを巻き起こした〈ステューシー(STUSSY)〉。

その勢いは留まるところを知らず、今日では〈STUSSY Livin’ GENERAL STORE〉などといった、

より上質で洗練されたレーベルを掲げ、もはや”マス”から”コア”までを網羅するビッグブランドとして

成長を遂げています。その〈ステューシー〉が各都市に構える支部、”CHAPT(チャプト)”の

第1号店だった代官山店が、再び帰ってきました!

というわけで、フイナムはそのオープニング前日に行われたレセプションに潜入し、

SNAP撮影を敢行。溢れんばかりの人、人、人、その模様をフォトレポートでお届けします。

ソース:STUSSY DAIKANYAMA is BACK!! 〜ステューシーが代官山に帰って来た!〜

 

私たち30代にとってみればステューシーといえば代官山というのがしっくりきます。

そのステューシーが再び代官山に帰ってきたというから、なんだかワクワクしますね。

10代〜20代のころ原宿、渋谷を回って代官山で締める。

これがお決まりのファッションストリートだったという方も多いはずです。

なんだかあの青臭い青春時代が帰ってきた感じすらしています。

そんな中、最近スケボーをしていると実に30代、40代以上のスケーターを頻繁に見かけます。

調査をしたわけではないのですが、再びスケボーに戻ってきた大人たちが増えているのを肌で感じるのです。

その大人達のファッションは実にカッコ良く、オールドスクールであったり、シンプルなTシャツと

ハーフパンツスタイルと、昔の名残りなのか?かなりのオシャレおじさんが多いのです。

最近のステューシーも、若者世代だけでなく、もう少し上の年齢層、いわゆるおじさん世代でも着れる

洗練されたデザインのものも登場していますので、スケートファッションに取り入れてみてはどうでしょうか?

また、子供服なども取り扱っているので、親子でステューシーでキメるのも悪くないですよね。

 

 

LINEで送る
Pocket


Sponsored Link

合わせて読みたい記事

Skateistan(スケーティスタン)南アフリカで最新プロジェクトを始動

Skateistan(スケーティスタン)は南アフリカでアフリカ大陸初のプロジェクトの正式な立

記事を読む

自分の求めていない現実は全く信じないという最強の自己コントロール術

 先日、私は大好きなジョン・カーディエルについて色々考えていた。彼を表現する代名詞として「

記事を読む

宮大工が作るハンドシェイプのスケートデッキ

宮大工である大場康司さんが作るハンドシェイプのスケートボードデッキがかっこいいんです!ウッデントイと

記事を読む

【スケートの旅に必要なアウトドア用品をチェック】アンチヒーローのようにテントで寝泊まりしてスポットを巡る

アンチヒーローはスケートだけじゃないアウトドア用品も使いこなしますDIYのハードコアスケート軍団と言

記事を読む

【トミー・ゲレロ】ヨーロッパツワーの一幕をキャッチ!

// 投稿 by Tommy Guerrero.   現在ヨーロッ

記事を読む

トミー・ゲレロ ヨーロッパツアー2014

レジェンドスケーターでありミュージシャンのトミー・ゲレロは自身にとっての初のヨーロッパツワー

記事を読む

トミー・ゲレロ4月のヨーロッパツワーのLIVEビデオをキャッチ

2014年4月14日〜28日に「トミー・ゲレロ」のミュージシャンとしての ヨーロッパツ

記事を読む

おバカなスケボー映画「クール・ボーダーズ」を観てみませんか?

外でスケボーするのもいいけど、たまには体を休めて映画でもどうですか? でも、どうせ観るならスケ

記事を読む

zineを始めたい!そんな人はゴンズのアートブック「NON STOP POETRY」を見よ!

そもそもzineってなんなの?zineとは100部前後(明確な定義はない)の少部数の冊子、リトルプレ

記事を読む

「スケボーを通じて子供達の未来に夢を!」Skateistan(スケーティスタン)への寄付方法

  Skateistan(スケーティスタン)については下記の記事をご覧下さい。 Ska

記事を読む



〜お知らせコーナー〜

一緒にスケボーしませんか?>>


SUKE-TOってそもそも何?>>


最後まで読んでくださりありがとうございました。スケボーを通してたくさんの人達と繋がれたらと思っています。
よろしければSNSでフォローをお願いします (^^)







PAGE TOP ↑