スケボーを定義した8つのブランド

公開日: スケボー情報

6922658054_ce79a9e172_z

Photo by: hutchphoto

70年代半ばのスケボーブーム以来、多くのスケボーブランドが設立されました。

その中でも非常に人気を集め成長した、いくつかのブランドは世界中に影響を与えることになります。

これらのブランドの象徴でもあるロゴが世界中のスケーターに即座に認識されているブランドは

トップブランドというにふさわしいのではないでしょうか。

ここに8つのトップブランドのまとめリストを作ってみようと思います。

 

Sponsored Link

ZEPHYR(ゼファー)

サンタモニカのゼファーサーフショップから始まったスケボーチーム。

スケボーの最初のブランドと言ってもいいのではないでしょうか。

アレン・サルロ、ジェイ・アダムズ、トニー・アルバ、クリス・ケーヒル、ステイシー・ペラルタは、

伝説のZボーイズとして知られている。

 

etnies(エトニーズ)

1986年にアメリカで生まれたスケートウェアのブランド。

NATAS Kaupasプロモデルシューズはスケートシューズの革命的シューズ。

今日のソールテクノロジーを形成しエトニーズを確立した。

 

POWELL PERALTA(パウエル ペラルタ)

ジョージ・パウエルとステイシー・ペラルタによって1978年に設立されたブランド。

このブランドは現在のスケボーカルチャーを定義し全てのブランドのひな形を作ったと言っても過言ではない。

ボーンズ・ブリゲードでトップスケートチームを形成し、彼らのスケートシーンが見れるビデオシリーズを作り、

更には斬新な広告手法を用いたり、全てが革新的であったブランド。

 

es(エス)

esは1995年に設立され、エリック・コストン、ポール・ロドリゲス、ナイジャ・ヒューストン、トム・ペニーなどが

所属し、長い間スケートシーンを安定的に盛り上げてきました。中でもエリック・コストンのカリスマ的人気も

ブランドの支えとなっているのでしょう。

esは運動性に焦点を当て、洗練されたブランドイメージを確立することができました。

90年代を代表するブランドの一つです。

 

ELEMENT(エレメント)

当初はジョニー・Shilleriffが中心となってアンダーワールドスケートボードズという名前で1992年に設立されたブランド。

フレッシュなアートワークやグラフィックが特徴で、マイク・バレリー、レイ・バービー、バム・マージェラ、

バッキー・ラセック、ダレル・スタントン、ジェレミー・レイが所属し、商業的にも成功を納めた。

 

planB(プランビー)

1991年にマイク・Ternaskyによってスタートしたブランド。ロドニー・ミューレン、ダニー・ウェイ、コリン・マッケイが

所属し、1992年に発表した彼らのビデオ「Questionable」はカルト的な人気を集めた。

 

ALIEN WORKSHOP(エイリアン ワークショップ)

クリス・カーターとマイク・ヒルによって1990年に設立。エイリアンワークショップの最初の成功はブランドのTシャツに

人気の火がついたことで始まった。ブランドイメージは現代的でクール。従来のスケボーのハードコアなイメージと違った

部分を特色とした。

 

THRASHER(スラッシャー)

ケビン・サッチャー、エリック・スウェンソン、ファウスト・VITELLOによって1981年に設立されたブランド。

スラッシャーのTシャツ、バッグを持っているのがスケボーオタクのマストだった。

時間の経過と共にブランドは成長し伝説となった。現在ではスケボーカルチャーの象徴して業界に君臨する。

 








  • SUKE-TO(スケートゥー)と言います。

    ■2013年8月よりスケボー情報を発信するブログとしてスタートしました。

    ■2017年7月よりスケボーの他、ピストバイク、ファッション、映画のことなどあれこれ書くブログへと路線変更しました。

    詳しいプロフィール・お問い合わせ>>

PAGE TOP ↑